BT

GitHub GraphQL APIが早期アクセスから次段階へ

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2017年8月18日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2017/06/08)へのリンク

GitHub GraphQL APIが先日、一般公開された。GitHubの上級エンジニアリングマネージャであるKyle Daigle氏に話を聞いた。

昨年のGitHub Universeで発表されたGitHub GraphQL APIは、GitHub APIに柔軟性を加えることを目的としている。大きなメリットは、必要なデータを正確に定義できることだ。これにより、複数のREST要求を1回の呼び出しに置き換えることが可能になる。さらに、GraphQLスキーマは強く型付けられており、イントロスペクティブ(introspective)でもある。

GitHubの上級エンジニアリングマネージャであるKyle Daigle氏に、APIの進展と将来について詳しく聞いた。

GraphQL APIは、昨年の10月に早期アクセスが提供されていますが、それ以降のAPI(V4)にはどのような進展があったのでしょう?新たに実装されたり、要求されたり、あるいは提供されたりした機能は何ですか?開発者の反応はどのように表現できますか?

GitHub Universeで発表した早期アクセス以降、新しいGraph APIを使用した開発者たちからは大きな期待を受けています。例えば、従来よりも効率的にデータにアクセスする方法を探していたインテグレータにとっては、今後GitHubに新たな機能が組み込まれる時に、GraphQL API経由でも同じ機能がリリースされるようになります。開発者にとっては、当社のエンジニアが使用しているものと同じAPIを使用して、必要なデータだけを要求できるというメリットがあります。

一方で、REST API (V3)の開発も中止されていませんが、この2つは構成上、どのような関係になるのでしょう?ある時点でV3を置き換えるという想定はあるのでしょうか?

現在は、インテグレータや開発者が新しいGraphQL APIをどのように使うのかを見ながら、新たなV4 APIの変更や改善を行なっているところです。GraphAPIをバックで使用するようにREST APIを積極的に移行すると同時に、REST APIにも引き続き力を入れています。今後数ヶ月にわたって、Graph APIにさらに多くのデータを追加して、REST APIと同じデータを提供できるように近付けていく予定です。

GitHub以外でのGitHub GraphQLの採用に関して、何らかの結論を導くことはすでに可能ですか?優れたスケーラビリティ、型安全性、イントロスペクションといった将来性は、どのように提供されていくのでしょう?

GraphQLは現在、広範な技術コミュニティの中で採用を広げつつあります。GraphQL EUとGraphQL Summitという2つの大規模なイベントが年次で開催されていて、中小の企業がGraphQLの使用について話し合う場となっています。GraphQLを使用することで、インテグレータは、APIが型システムを通じて提供するサービスを使って、機能をより早く、より正確に構築することができるようになりました。GitHubは、広範なGraphQLコミュニティの成長を支援することに全力で取り組んでいます。GraphQL APIを今回初めて一般公開した経験を活かして、コミュニティに貢献できることを大変光栄に思います。

GitHub GraphQLについて詳しく知りたいのであれば、ますは公式資料チュートリアルを参考にするとよいだろう。

この記事を評価

Adoption Stage
スタイル

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT