BT

Amazon、Alexa Skill CLIとManagement APIを発表

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年10月16日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/09/11)へのリンク

Amazonは、Alexaスキルの作成、更新、テスト、提出ができる新しいAPIとコマンドラインツールを発表した

今回のAlexa Skill CLIとManagement APIが導入以されるまで、開発者はAmazon Skill Developer Portal経由でしかスキルを管理できなかった。これは、遅いインターフェイス、複数ページに散らかった情報、限られた編集機能といった様々な理由から、やや使いにくいものだった。さらに重要なことに、Developer Portalを使う場合、開発者はスキルの作成や更新にまつわる全てのステップを手作業でやる必要があった。Alexa Skill CLIを使うと、開発者はスクリプトを使ったり継続的デリバリーパイプラインにプラグインすることで、これらのステップを全て自動化することができる。Amazonによると、アカウントリンク統合や権限管理を含む、Alexa Skills Kitの機能の全てがサポートされている。

Alexa Skills CLIをインストールして初期化すると、例えば次のコマンドにより、“Hello World” スキルを新規作成してデプロイすることができる。

ask new
ask deploy

ask newコマンドはファイルを2つ作成する。skill.jsonにはスキルのメタデータが、models/en-US.jsonにはサンプルのインタラクションモデルが含まれている。スキルがAWS Lambdaを使っている場合、deployコマンドはメタデータとインタラクションモデルの更新に加えて、スキルのコードを自動的にデプロイする。

Alexa Skills CLIによる自動化が非常に役立つのは、スキル呼び出しのテストだ。これまでは、Skill Portalにあるスキルシミュレータに、手動でテスト発話を入力するしかなかった。Alexa Skills CLIを使うと、次のようなコマンドで発話をテストすることができる。

ask simulate -t "utterance to test" --skill-id
amzn1.ask.skill.12345678-1234-1234-123456789123

Amazonによると、Alexa Skills CLIの基盤となっているAlexa Skill Management APIは、開発者がDeveloper Portalで必要だった手動のコピー&ペーストをスキップして、スキルの設計と構築を支援する新ツール作成に大きな可能性をもたらすという。

最後にもう一つ、Alexa Skill Management APIは、顧客がサードパーティアプリケーションとアカウントをリンクしたり顧客がスキルを有効もしくは無効にするなどのイベントを含む、セッション外のスキルイベントとの統合機能も提供する。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT