BT

RedHatがAzure、.Net Core 2.0、SQL Server 2017のサポートを発表

| 作者: Pierre-Luc Maheu フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年10月3日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/09/27)へのリンク

MicrosoftとRedHatは、Red Hat OpenShiftでWindows Containersをサポートすることを発表した。今回の発表がターゲットとするメインシナリオは、LinuxとWindowsのコンテナを同じクラスタで動かすことだ。これにより、両方の環境を使っている企業が、WindowsとLinuxのために別々のクラスタを用意することなく、コンテナベースのインフラへ移行できるようになる。Windows Containersのサポートは、2018年春にテクノロジープレビューとして利用可能になる予定だ。

RedHat Openshiftは、Kubernetes上に構築されたコンテナ管理プラットフォームだ。OpenShiftはいくつかのモデルで提供されている。

  • OpenShift Online: マルチテナントでクラウドベースのコンテナプラットフォーム、Red Hatが管理。
  • OpenShift Dedicated: シングルテナントでクラウドベースのコンテナプラットフォーム、Red Hatが管理。
  • OpenShift Container Platform (以前のOpenShift Enterprise): 自己管理のハードウェアにインストールするパッケージ

加えて、開発およびテストを目的として、次の2つのパッケージが利用できる。

  • OpenShift Container Local : Red Hat Developer Programの一部、個々の開発者ワークステーション向け
  • OpenShift Container Lab : さらなる評価、概念実証、プリプロダクションユースケースのためにOpenShiftをデプロイする

AzureにおけるOpenShift Dedicatedのサポートも発表された。これは2018年初めに利用可能になる予定で、AzureですでにサポートされているContainer Platformパッケージを補完するものだ。

Red Hatは、Red Hat Enterprise LinuxとOpenShiftにおける.Net Core 2.0のサポートも発表した。Red Hat Enterprise Linuxのための.Net Core 2.0は、yumとコンテナイメージから入手できる。

Red Hat Enterprise LinuxとOpenShiftは、SQL Server 2017のサポートも獲得した。SQL Server 2017の一般提供は、2017年10月2日に予定されている。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT