BT

Amazon CloudWatch DashboardsがAPIとCloudFormationをサポート

| 作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年10月16日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2017/09/30)へのリンク

Amazon Web Services (AWS)は最近、CloudWatchのダッシュボードとウィジェットとプログラムで作成、変更できるようにした。動的なリソースライフサイクルの追跡とクロスアカウントのダッシュボードのメンテナンスの一貫性を実現できるようにするためだ。

Amazon CloudWatch DashboardsはAWSのアカウントレベルのAmazon CloudWatchの機能(以前の記事)であり、メトリクスやAWSの複数のリージョンを監視するためのアラームやランブックを見ることができる、"カスタマイズ可能なページ"を提供する。ウィジェットには単一の値や、折れ線グラフ、積み上げ面グラフのようなCloudWatch Metricsか、GitHub Flavored Markdownで定義されたテキストを表示して、運用のプレイブックを共有したり、他のダッシュボードへのリンクや外部リソースへのリンクをはることができる。

AWSは対話型ダッシュボードの作成をコンソール経由のAPIで公開していなかった。したがって、Infrastructure as Codeで動的にダッシュボードを作成したり再利用したりすることができなかった。今回のリリースで、API、CLI、CloudFormationがサポートされ、ダッシュボードを命令的かつ宣言的に作成、編集できるようになった。ダッシュボードはJSON構造で表現され、AWSコンソールからもアクセスできる。ユーザーは簡単に作成済みのダッシュボードをエクスポートして、あとで自動化するために活用できる。

Amazon CloudWatch dashboard menu

単純なダッシュボードの構造と構文でウィジェットの場所と構成が定義できる。ほとんどが自明な属性をベースにして設定される。ダッシュボードは24のセルを持つ格子で構成され、必要に応じて大きさを変えられる。ウェジェットはその内部のセルに置かれる。反復される可能性があるメトリクスの配列をショートカットするために、メトリクスに先立つ値を"."を定義するだけで後続のメトリクスで再利用できる。

{
  "widgets": [
    {
      "type": "metric",
      "x": 0, "y": 0, "width": 6, "height": 6,
      "properties": {
        "view": "timeSeries",
        "stacked": false,
        "metrics": [
          [
            "AWS/EC2", "NetworkIn", "AutoScalingGroupName", "ECS-ClusterASG-ZGR8VLF5QBLQ"
          ],
          [
            ".", "NetworkOut", ".", "."
          ]
        ],
        "region": "ap-southeast-2"
      }
    }
  ]
}

cloudwatch-dashboards-cloudformation-sampleというリポジトリにはより包括的な事例がある。このリポジトリの事例には、AWS::CloudWatch::DashboardリソースでAWS CloudFormationを使ってダッシュボードをプロビジョンする方法も含まれている。CloudFormationのクロスプラットフォームな代替であるTerraformaws_cloudwatch_dashboardリソースを提供する。

また、Amazon CloudWatchはHorizontal Annotationsをグラフに追加できるようになった。これは、"事前に定義した値、例えば、SLAの閾値をメトリクス上で素早くチェックしたり、メトリクスの値を解釈するための文脈上の情報を提供する"ことができる。Y軸の重要な値に手動またはプログラムから線を引き、オプションで線の間の領域に影をつけることもできる。これを使うユーザーはダッシュボード上のCloudWatchアラームを視覚化する機能を補完できる。CloudWatchアラームはAWSが今年の始めに提供を開始した機能だ。

Amazon CloudWatchのドキュメントにはユーザーガイドダッシュボードの使い方AWS CLIリファレンスAPIリファレンスが含まれている。Amazon CloudWatch forumでサポートが提供されている。15までのメトリクスが含まれる3つのダッシュボードを無料で作成できる。追加のダッシュボードと最初の100万回以上のAPIのコールは利用量によって課金される。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT