BT

Your opinion matters! あなたのご意見でInfoQが変わる!

Ericssonにおけるテレコムソフトウェアの継続的デリバリー

| 作者: Hrishikesh Barua フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年10月30日. 推定読書時間: 4 分 |

A note to our readers: As per your request we have developed a set of features that allow you to reduce the noise, while not losing sight of anything that is important. Get email and web notifications by choosing the topics you are interested in.

原文(投稿日:2017/10/12)へのリンク

近年、テレコム業界は、DevOpsの原則とツールの導入により、サービスデリバリープロセスを変えている。ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summit 2017におけるEricssonの講演、ならびに、彼らの継続的デリバリーに関するペーパーは、彼らが直面した課題とその克服方法について説明している。

テレコムシステムベンダーがシステムをデプロイする際に直面しているハードルは、そのスケール、規制上の制約、堅牢性、可用性の要件という点で、独特だ。Ericssonは、テストに7週、デプロイに6ヶ月、開発に2、3年というモデルから、テストに90分、デプロイに3週、開発に6週というサイクルのモデルに移行した。テレコムソフトウェアの新しいリリースは、複数のネットワーク事業者に展開される。新しいプラクティスを導入した当初は問題もあったが、時が経つにつれて改善した。一般向けリリース公開と事業者ノードへの展開との間の時間は、徐々に削減された。フィーチャーリリースは毎月だが、ネットワーク事業者は、毎月もしくは四半期ごとにデプロイすることを選択できる。

 

画像使用許可 - http://cloudpages.ericsson.com/continuous-delivery

最初に変えたのは開発モデルだった。複数の並列したリリースチェーンから、シングルトラックへと変更した。この変更を導入した最初の製品は、Serving GPRS Support Node – Mobility Management Entityソフトウェア (SGSN-MME) で、その後、Evolved Packet Gateway製品が続いた。Evolved Packet Coreというのは、4Gネットワーク上で音声とデータの統合サービスを提供するための通信フレームワークだ。データと音声に、それぞれパケット交換、回線交換という別方式を使うものとは異なっている

変革は2009年に開始された。まずはプロセス変更が行われ、小さな職務横断型のチーム、プロダクトオーナーのアサイン、スクラムマスターの導入がなされた。そして、リーンプロセスが導入された。有効性を評価するため、彼らはコードのコミット頻度などのメトリクスを計測した。ところが、これはメトリクスの誤用を招いた。いくつかの変更が有望だとわかると、チーム数を増やすという上からのプレッシャーがあった。このことは、チームの急増、必要なプラットフォーム変更の過小評価など、さらなる問題を招くことになった。クラウドレディであればこの点で貢献してくれただろうが、彼らのプラットフォームはそうではなかった。開発環境とCI(継続的インテグレーション)プラクティスも未熟で、未熟なプログラム構造とあいまって、チームの進捗はよく見えなくなっていた。チームの合計ベロシティは以前よりも低下した。2015年の棚卸しで、こうした問題が明らかになった。

問題を解決するため、いくつかの変更が行われた。スピードよりも品質を優先し、品質受け入れテストに焦点が当てられた。新しいプロセスが新しいチームとメンバーに導入された。ツール面では、チームはKVM(Kernel Virtual Machine)を用いた仮想化を利用するようになった。これにより、アップグレード時間は22時間から3時間に短縮された。KVMは、Linuxカーネル内でハイパーバイザーとして動作するフレームワークで、Ericssonのクラウドプラットフォームの重要な部分になっている。Dockerベースのものとともに、継続的インテグレーションフレームワークが導入された。要求に応じてリソースを割り当てる、集中型のハードウェア割り当てモデルが導入された。これにより、管理が簡単になり、ハードウェア全体の利用効率は高まった。組織的な変更には、プロジェクトマネジメントプラクティス、計画の改善、フィーチャーチーム、デイリーのスタンドアップミーティング、知識共有のためのコーチング(メンタリング)ネットワークなどが含まれる。

CDモデルは、他のEricsson製品にも導入されている。これはテレコム業界における大きなトレンドの一部だ。従来のサービスデリバリープラクティスは、DevOpsに取って代わられた。これまでハードウェアベースだったネットワークサービス機能のソフトウェア仮想化(NFV)も、このトレンドを促進している。ますます多くの機能がソフトウェア実装へと移行しており、おかげで、DevOpsのツールとプラクティスは導入しやすくなってきている。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT