BT

InfoQ ホームページ ニュース Angular 5リリース、高速なインクリメンタルコンパイルをサポート

Angular 5リリース、高速なインクリメンタルコンパイルをサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2017/11/03)へのリンク

GoogleがAngular 5をリリースした。ビルドの最適化、インクリメンタルコンパイル、国際化サポートの改善などが追加されている。

Angular 5は、Googleが支持する人気Webフレームワークの新しいメジャーバージョンだ。ここでは、数ある新機能パフォーマンス改善から、開発に影響を与えると思われるものを選んで紹介する。

ビルド最適化。 CLI 1.5は、デフォルトでビルド最適化を有効にしてv5プロジェクトを生成し、バンドルがより小さくなる。アプリケーションの一部をpureとマークすることで、不要な部分を削除するときのTree Shakingに役立つ。また、Angular Decoratorがランタイムコードから削除され、コードがより小さくなり、ブートがより高速になる。

コンパイラ。 Angularコンパイラはインクリメンタルビルドをサポートし、Typescript変換を使うことで、実際のプロジェクトのテストでビルド時間を90%削減する。大きなプロジェクトの場合、コンパイル時間は2秒以下に短縮されるため、CLIの将来のバージョンでは、デフォルトでAOTが有効になるだろう。

ユニバーサルステート転送。 Angular 5にServerTransferStateModuleBrowserTransferStateModuleが追加される。サーバーサイドレンダリングで計算されたステートをクライアントに転送するため、再度生成する必要がなくなる。

Domino。 AngularはサーバーサイドDOM実装のDominoをサポートし、サーバーサイドにより多くのコンポーネントJavaScriptライブラリのサポートを加える。

空白。 開発者はDecoratorもしくはtsconfig.jsonのアプリケーションレベルにオプションを指定することで、コンポーネントの空白を保存するかどうかを選択できる。

国際化。 ブラウザ間の国際化サポートを改善するため、日付、数値、通過のための新しいPipeが用意され、Polyfillの必要がなくなる。I18n Pipeの使い方と、古い仕組みへの戻し方について、詳しくはここに書かれている。

最新のAngularには、いくつかの破壊的変更が含まれているが、Angular 1.xから2への切り替えのような問題はない。変更のひとつは、TypeScript 2.4.xへの依存だ。また、一部のコードセクションが廃止予定になっている。全ての変更については、リリースノートを読むことをおすすめする。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。