BT

InfoQ ホームページ ニュース AWSが4TBメモリの仮想マシンを提供へ

AWSが4TBメモリの仮想マシンを提供へ

ブックマーク

原文(投稿日:2017/10/10)へのリンク

Amazonは最大のEC2マシンとなる x1e.32xlargeインスタンスをローンチした。新インスタンスは4TBのDDR4メモリとクアッドソケットのIntel Xeon E7 8800 Haswellプロセッサを持ち、大容量L3キャッシュを備えて2.3GHz(128 vCPU)で動作する。AWSの公式資料によれば、ネットワーク帯域幅は最大スループット25Gbpsに達する。

チーフエバンジェリストのJeff Barr氏は、9月13日のローンチ時にこのインスタンスについて、SAP HANAなどのメモリ集約的なインメモリアプリケーション用に設計されたものであることを発表している。Coca-ColaやCiscoなど大企業のAWSユーザの多くは、すでに既存のインスタンスタイプ上でSAPアプリケーションを運用中である。例えばKellogg社は、どのようなプロモーション活動が最も効果的かを予測する複雑なシミュレーションを実行している。

複雑な分析処理を最適化するためにSAP HANAでは、すべての処理をインメモリで実行する。メモリにストアされたデータに比較して、ディスクへのアクセスは10,000~1,000,000倍低速であるためだ。大規模なワークロードを処理する上で、より大容量のメモリが必要とされている理由がここにある。例えば、IntelのIvy Bridge v2では、SAPの推奨値はCPU毎に256GBのメモリとなっている。

既存のX1インスタンスでSAP HANAワークロードを実行している企業は、より大きなVMへの移行と運用システムのスケールアップすることによって、非常に大規模なデータセットの処理とストアが可能になる。

イメージ: AWS上で動作するSAP HANA Cluster

今回の新型マシンは、X1やR4インスタンスと同じくメモリ最適化VMとして位置付けられ、インメモリデータベースやハイパフォーマンス/リアルタイムデーータベース、データマイニングアプリケーション、大規模インメモリキャッシュ、Hadoop/Sparkクラスタに適している。

他のタイプのAWS VMと比較して、メモリ最適化マシンは、運用アプリケーションが大容量のメモリを必要とする場合により適している。他のタイプのマシンは、計算最適化、ストレージ最適化、高速コンピューティング用インスタンスに分類することができる。

現時点では、x1e.32xlargeインスタンスは、4つのAWSリージョンでのみローンチ可能だ。

  • US East (バージニア北部)
  • US West (オレゴン州)
  • EU (アイルランド)
  • Asia Pacific (東京)

Microsoft Azureの最大マシンは2TB、Googleが提供するのは最大416GBなので、メモリに関してはAWSが最大のマシンを持ったことになる。ただし費用は高く、例えばUS Eastリージョンでは1時間あたり26.688米ドル、東京は38.688米ドルである。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。