BT

InfoQ ホームページ ニュース Azure FunctionsがJavaをサポート

Azure FunctionsがJavaをサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2017/10/27)へのリンク

JavaOneで、MicrosoftはAzure FunctionsのJavaサポートを発表した。Azure Functionsを使うと、ユーザーはクラウド上でちょっとしたコードを実行できる。今回のアップデートは、Azure Functionsのサポート言語数を増やして、MicrosoftをサーバーレスJavaサポートを導入する2つ目の主要なクラウドプロバイダーにするものだ。

Igniteで、MicrosoftはAzure Functionsを.NET Core 2.0にポートし、クロスプラットフォームの.NETを使えるようにして、他のプログラミング言語のサポートを可能にするランタイムを提供した。そして今、Javaがパブリックプレビューになった。Azure Functionsを使っている開発者の間で、長く未解決だった機能要求の一つだ。

Microsoftは、Mavenビルド自動化システムのための新しいプラグインもリリースした。開発者は既存のMaven対応プロジェクトから、Azure Functionsを作成、ビルド、デプロイできるようになる。

Microsoftがイベント駆動アプリケーションを実行するためサーバーレスコンピュート機能、Azure Functionsをリリースしたのは、およそ1年前のことだ。開発者は、Azure FunctionsをC#、F#、JavaScript (Node.js)、PowerShell、PHP、Python、Bashといったプログラミング言語およびスクリプト言語で書いたり、実行コマンドやバッチファイルをアップロードして、関数として実行することができる。関数は、Cosmos DB、Service Bus、Storageといった他のAzureサービスや、GitHubなどのサードパーティサービスと統合可能だ。Azureサービスは、関数をトリガーしてロジックを実行したり、設定バインディングによって入出力として機能する。Microsoftは、Azure Event Hubsの新規イベント受信、スケジュール実行、Service Busメッセージ処理といったタスクのテンプレートも提供している。

Azure Functionsは、Azure Active Directory、Microsoftアカウント、Facebook、Google、Twitterを含む、標準のOAuthプロバイダーによる認証をサポートする。Azure App ServiceのPartner Director of Program ManagementであるNir Mashkowski氏が、Microsoftの開発者向けブログで説明しているように、Javaでも同じ機能が使えるという。

新しいJavaランタイムでも、様々なトリガーオプションとデータバインディング、オートスケール付きサーバーレス実行モデル、実行ごとの課金など、Azure Functionsが提供する差異化機能はすべて使える予定です。

Javaサポートのために新しいツールを使う必要はない。開発者は、Eclipse、IntelliJ、VS CodeといったIDEやエディタを使って、Azure Functionsをローカルマシンでビルド、デバッグすることができる。

画像のソース: https://azure.microsoft.com/en-us/blog/announcing-the-preview-of-java-support-for-azure-functions/

主要なクラウドプロバイダーはみな、サーバーレスプラットフォームに投資して、他のサービスのさらなる利用を促している。Azure Functions、AWS Lambda、Google Cloud、あるいは新しいOracle Fnプラットフォームであっても、データベースやストレージを含む他のサービスのイベントが、サーバーレスコンピュートインスタンスの実行をトリガーする。

プラットフォーム間の差異は、デプロイメントから料金まで様々だ。たとえば、Azure Functionsは、手動によるスケーリングや事前設定したメトリックに基づくスケーリング(App Serviceプラン)、あるいは一秒未満の自動スケーリング(従量課金プラン)を提供しているが、AWS LambdaとGoogle Cloudは自動スケーリングだけだ。言語のサポートは大きく異なっている。Azure FunctionsとOracle Fnはより幅広い言語をサポートしているが、Google CloudはJavaScriptしかサポートしておらず、AWS LambdaはC#、JavaScript、Java、Pythonをサポートしている。さらに、JavaはRedMonkStack Overflowの言語ランキングで上位にランクされており、Javaのサポートはサーバーレスプラットフォームにおいて有益だ。

Pund-ITでPrincipal Analystを務めるCharles King氏は、MicrosoftとOracleのJavaサポートについて次のようにコメントしている。

Microsoftの新しいAzure Functions Javaサポートと、Oracleの最近のJavaOne/OpenWorldは、Java関連の継続的なイノベーションとJavaコミュニティの活力を反映しています。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

RESTlessnessに打ち勝つ

Matt McLarty 2019年3月13日 午前7時39分

.NET CLIクイックツアー

Jeremy Miller 2019年2月18日 午前1時55分

.NET CoreとDevOps

Dave Swersky 2019年2月6日 午後11時46分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。