BT

InfoQ ホームページ ニュース Visual Studio 2017 15.5 Previewは、F# CoreとStandardサポートを追加した

Visual Studio 2017 15.5 Previewは、F# CoreとStandardサポートを追加した

ブックマーク

原文(投稿日:2017/11/21)へのリンク

読者の皆様へ:ご要望にお応えして、私たちはノイズの軽減し、重要なものを見逃すことがないように、新しい機能を開発しました。 興味のあるトピックを選択してemailとWeb通知を受け取ってください。

Microsoftは バージョン1のプラットフォームがリリースされてから.NET Core上でF#をサポートしてきた。; C#とVB.NETのような.NET Core言語と比較してツール機能は遅れている。Visual Studio 2017 15.5 Preview 4リリースの変更でF#が.NET Coreと.NET Standardのターゲットになった。以前はMicrosoftの公式なツールとしてVS Codeが推奨されていたため、これは.NET Coreを使っているF#開発者にとって大きなステップである。

Visual Studioのセットアップで.NET Coreワークロード(.NET Core、ASP.NET、Azure)のうちひとつ以上を有効にすることで、新しいプロジェクトテンプレートがすべて利用可能になる。F#プロジェクトは、C#プロジェクトと同じ利点を受けられる:

  • 編集するためにアンロードする必要のない小さいプロジェクトファイル
  • 編集が保存されると、VS2017は変更に反応する
  • プロジェクト参照、SDK参照、NuGet依存性のすべての依存性ノードを構成する

想定の通り、F# WebプロジェクトをIDEで開いたときにVS2017が認識されるようになるなど従来の側面を活用している。F#アプリケーションは容易に展開できるようにVisual Studio Team ServicesやAzure Web Servicesによって継続的なデリバリーサービスを使って構成もできる。

これはまだプレビューのため、荒く、未完成の機能がある。.NET CoreにおけるF#インタラクティブのサポートは、“重要”だと考えられているが、いつ利用可能になるか未定である。クロスプラットフォームデバッグは付加的改良機能と位置付けられている。最初に追加された後のファイルのコンパイル順序は正しく表示されないため、更新を反映するためにはプロジェクトをリロードする必要がある。最後に、プレビューではF# Web APIs, Web, MVCプロジェクトがサポートされる。これらはVisual Studioでこれらを開く前にdotnet newコマンドで作成する必要がある。

Visual Studio 2017 15.5 Preview 4はMicrosoftから直接ダウンロードするか、既存のプレビュービルドがインストールされている場合は、Visual Studio Installerが利用できる。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。