BT

Node.js 8.9がLong Term Supportでリリースされた

| 作者: David Iffland フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年11月21日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/11/13)へのリンク

Node.js Foundationは、多くのエンタープライズ顧客が採用するのに必要とするLong Term Support (LTS)をスタンプしたバージョン8.9をリリースした。またあわせて、より実験的なバージョン9もリリースした。

これはバージョン8.xのLTSステータス開始を示している。2019年4月までアクティブLTSに残り、メンテナンスLTSに入る。メンテナンスステータスとは、致命的なバグと重大なセキュリティ修正のみが許可される。エンタープライズは2019年12月までバージョン8.xの致命的なバグの修正を受けられ、そこでLTSステータスを失う。Node.js Release Working GroupのノートにNode.jsのリリースを決定する方法の詳細情報が記載されている。現在、バージョン4.xがメンテナンスLTSであり、6.xがアクティブLTSステータスにある。

バージョン8.9にはGoogleのV8 JavaScriptエンジンのバージョン6.1とnpm バージョン5.5.1へのアップデートが含まれている。バージョン5.5.1には、二段階認証など新しいセキュリティ機能が含まれる。また、async/awaitは、7.6から提供されているが、LTSサポートされなかったため、LTSバージョンとしてははじめて利用可能になる。

奇数バージョンであるバージョン9も、彼らの慣例に従ってリリースされた。奇数バージョンは「テストや実験に興味がある」開発者向けのバージョンである。ブログ投稿の発表によると、Node.jsを本番運用している人にはお勧めしない。 バージョン9では新しいエラーシステムが導入されている。チームによると「この移行のゴールはNode.jsによってスローされたすべてのエラーに一意のコードを付けることです。これにより、変更による影響を考慮することなくエラーメッセージを変更できるようになります。」

執筆時点では、AWS LambdaでもAzure Functionsでも8.Xはサポートされていないため、サーバーレスプラットフォームの開発者は、新しい機能とパフォーマンス向上を受けるまで、少し待つ必要がある。

8.9の完全な変更ログはGitHubにて提供されている。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT