BT

SpringOne 2017 Platform Conference - 1日目

| 作者: Victor Grazi フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年12月12日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2017/12/06)へのリンク

2017年12月4日から7日まで、第2回SpringOne Platform Conferenceがサンフランシスコで開催される。

これは4日間(初日はトレーニング)の実用的なイベントで、およそ10のトラック、著名なスピーカー、食事、飲み物、たくさんの技術が含まれている。

カンファレンスは明らかに成長している。2016年の第1回は、およそ1600名の出席者をラスベガスに集めたが、今年のサンフランシスコは3000名近くになった。加えて、キーノートは世界中の何百万ものSpring開発者に配信される。

キーノートでは、PivotalでSr. VP Head of R&D for Cloudを務めるOnsi Fakhouri氏が、企業を変革するためのミッションを宣言した。

「私たちには、世界的な大企業がCloudFoundryを標準化するのを助ける、というビジョンがあります」Pivotalはこの責任を真剣に受け止めている。Spring FrameworkのリードであるJuergen Hoeller氏や、Pivotalでマーケティングマネージャーを務めるPieter Humphrey氏らの講演では、コミュニティこそが彼らの一番のドライバであり、彼らの方向性を定義するものだ、というメッセージを明確にした。

今年の講演は、大きく以下の技術に分けられる。

  • Spring Framework 5.0
  • Pivotal CloudFoundry
  • Project Reactor
  • WebFlux
  • Spring Cloud
  • Spring Boot
  • 多数のDevOpsとプロセス

スピーカーの大部分はPivotalのスタッフ、たいていはプロジェクトリードとコミッターだ。講演は非常に厳選され、非常に専門的だ。加えて、オープンスペースの集まりがあり、少人数で議論するためのトピックが選ばれている。

主要な発表についてはフォローアップ記事を出すつもりだが、最も重要な発表は、Pivotal CloudFoundry 2.0のリリースと、Elastic Runtimeのブランドを変更して、Pivotal Application Serviceとして多数の新機能とDevOps/Cloudパイプラインのフルサポートを備えたことだった。

Fakhouri氏は次のように語る。

私たちが見つけた統一した原則は、学びです。世界を見わたすと、現実は実に複雑です。そこで私たちは、その現実に自らを位置付け、目標を達成しようと計画して、単純化をしがちです。ところが、現実は単純ではありません。私たちはしばしば不満を感じます。望んでいたよりも時間がかかります。私たちは「戦場の霧」の中にいて、どこに行こうとしているのかすらわかっていません。自分ではわかっていると思うのですが、最終的に到着したと思うポイントにきて、あたりを見回し、間違っていたことに気づくのです。

スピーカーには、Juergen Hoeller氏(Spring Frameworkのリード)、Eric Brewer氏(CAP定理で有名)、Erich Gamma氏(Gang of Fourの一人、Microsoftに入社したとき、Javaカンファレンスでまた話しているとは想像もしなかったと述べた)といった業界の著名人や、その他PivotalやIndustryなどの多数のエンジニアが含まれている。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT