BT

Googleの新マネージャ育成方法

| 作者: Abel Avram フォローする 11 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年12月21日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2017/12/16)へのリンク

A note to our readers: As per your request we have developed a set of features that allow you to reduce the noise, while not losing sight of anything that is important. Get email and web notifications by choosing the topics you are interested in.

Google Partners PodcastsのホストであるAlex Langshur氏は、Google HR secrets: identifying & developing great managers(Google人事の秘密:素晴らしいマネージャの特定&育成)というポッドキャストを立ち上げた。Googleの人材育成にいるSarah Calderon氏に、Googleがマネージャをどう選んで、教育して、成長させているかについてインタビューしているものだ。

Langshur氏は彼の前任のマネージャを引き合いに出して、「素晴らしいマネージャはタフな仕事を挑戦的でやりがいのあるものにする。…しかし良くないマネージャは素晴らしい仕事をまぁまぁなものにして、タフな仕事を壊滅的なものにする」と述べた。新しいプロ・アドベンチャーを探す際には、仕事ではなくマネージャを選ぶ必要性があると強調した。Sarah Calderon氏とのインタビューでは、レベルの異なる70,000人超の従業員と何千ものマネージャを抱えるGoogleがどうやってマネージャを探し、管理し、育てているのかについて意見を交わした。

Calderon氏はGoogleでマネージャを教えた際の5つの学びについて言及した。

  1. 業績の高い従業員が必ずしも良いマネージャになるわけではない。人を管理するには異なるスキルセットが必要である。特定の分野で技術的に良いとされるには不十分なのである。彼ら個々人で非常に貢献度が高いとしても、全員がマネージャに向いているのではない。素晴らしいマネージャを見つけるには、彼らが他の従業員とどんな風に働いているかを観察すること。柔軟性があり、ワークスタイルの変化を受け入れるかに注意すること。他の人に明確な役割と責任を描いているか?チームにあげたフィードバックは役立つものか?
    その仕事にふさわしい人かを嗅ぎわけるには、ミニ職務を与えること。例えば、世話をするためのインターンや、小さなプロジェクトでリーダーシップの役割を与えるなど。しばらくしたら、彼らがそれを気に入っているか、それについて成功したかを評価する。
  2. 新しいマネージャを教育するベストな時期は、仕事に入る数ヶ月前である。Calderon氏は、悪習慣が形成されないよう、長く待ちすぎないこと、しかし、マネジメントの仕事とは何かを実際に理解し始められるよう十分な長さ待つことを薦めている。Googleでは、この待ち時間はたいてい3ヶ月である。
    彼女はまた、仕事を始める前や、始めた直後には新しいマネージャを教育しないこと。それよりは、仕事は何かを理解するのと、いくつか課題に直面できる十分な時間を与えて数ヶ月練習させた方がいいと述べた。いざ教育に入ったら、それは新しいマネージャにとって単なる理論的なエクササイズだけでなく、何か真に意義があり、実践的な意味を持つものとなる。
  3. 新しいマネージャに多くを与えすぎないこと。新しいマネージャが働き始めたら、マネージャとして知っておく必要があること全てを教えるべきではない。最初の6ヶ月は過ごせるように教え、彼らが自分で学んだことを練習して、後から追加できるようにするべきである。
    はじめに教えると便利なこと:フィードバックをどう与えるか、良いコーチになるにはどうしたらいいか。また、学ぶべきは、学びの文化を育て、心の知能指数を育てること - 自分自身と管理するチームをどう意識するか。他の人を管理できるようになるには、自分自身を管理できるようになる必要がある。
  4. 教育はマネージャをサポートする唯一の方法ではない。マネージャは他のマネージャから学ぶことができる。互いに話すことで励まされ、互いから学ぶことができる。また、フィードバックを集めるツールも有用である。
  5. 良くなるためにマネージャが必要としているフィードバックを与える。Calderon氏は、従業員から年に1度データを集めるGoogleの習慣について触れた。マネージャの仕事ぶりについてアンケートに記入してもらうものだ。この情報はマネージャへのフィードバックとして使われ、彼らが自身を評価して成長するのに役立つ。まず組織のために、素晴らしいマネージャとは、ということを定義し、それに向けて指導する。Googleの素晴らしいマネージャの品質リストはこのガイドで確認でき、フィードバックフォームも用意されている。

Calderon氏はマネージャがとるべき振る舞いについて言及した:包括的であること、細かく管理しないこと、従業員のキャリア開発をサポートすること、良いコーチかつコミュニケーターであること、チームのための明確なビジョンと戦略を持つこと、生産的かつ結果志向であること、組織をまたいで協力する能力、力強い意思決定者であること、そしてチームが必要としているときにはアドバイスできる主要なテクニカルスキルを持つこと。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT