BT

AmazonはRekognition Serviceに新しい機能を追加した

| 作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年12月11日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2017/12/04)へのリンク

読者の皆様へ: ご要望にお応えして、重要なものを見逃すことなく、ノイズを軽減できる機能を開発した。興味のあるトピックを選択して、EメールとWeb通知を受け取る

最近のBlog投稿で、AmazonはRekognition Serviceに3つの新しい機能を追加すると発表した。これらの新しい機能では、画像からテキストの検出と認識、古画像における100人までの顔の認識、1000万にわたるリアルタイムの顔認識が可能になる。

Amazon re:Invent 2016においてAmazonはRekognitionを紹介し、開発者はアプリケーションに画像解析を追加できるようになった。Amazonはコグニティブサービスの新しい機能に追加投資をした。Amazon Rekognition serviceの早期採用者にはPinterestがいる。CTOのVanja Josifovski氏は言った:

ビジュアル駆動プラットフォームであるPinterestは、イメージのスピードと品質に大きく依存しているが、イメージの裏にあるテキストも同様に重要であり、私たちの2億人以上のアクティブなPinnersに対してコンテキストを提供して、Pinを実行可能にします。イメージ内にAmazon Rekognition Textを実行することで、Amazon S3に保存された数百万のPinsをスケールかつ少ない待ち時間で、優れたリッチテキストキャプチャーを抽出できるようになります。 私たちはPinnersとPinterestのビジネスのために高い品質と高速な体験を提供するために、AWSとパートナーシップを構築して、展開されることを楽しみにしています。

Webとモバイル開発者向けのメディア管理プラットフォームであるCloudinaryは、Rekognition Serviceの新機能を彼らのサービスに組み込んでいる。 CloudinaryのBusiness DevelopmentのバイスプレジデントであるDaniel Amitai氏は言う:

CloudinaryはAmazon Web Services (AWS)と密接に協力してソリューションを実現しました。私たちはAmazon Rekognitionとの統合により、既存の画像管理のワークフローの一部である画像コンテンツの解析を排除し、自動的に画像をカテゴライズできるようにすることにより、関係を次のレベルに引き上げました。

AmazonのRekognition APIは、顔認識や画像分析機能のためのいくつかの操作を提供している:

  • DetectFaces 画像内の顔を最大100個まで検出できる。顔ごとに、年齢層、性別、感情などの詳細情報が提供される。
  • CompareFaces 顔の特徴を比較する。対象の画像の中の顔を最大100個まで検出して入力画像の顔と比較できる。
  • DetectText 画像からテキストを検出して抽出する。テキストは要素の配列として返される。
  • RecognizeCelebrities 最大100コマでの有名人を識別できる。各有名人の名前、追加情報へのURLリンク、一致の信頼が提供される。

顧客はAmazon AWSにログインしてAPIを試すことができる。

開発者はRekognition APIを利用するためにAmazon Simple Storage Service (S3)にオブジェクトまたはバイト配列として画像をアップロードして、分析できる。RekognitionはJPEGとPNGフォーマットの両方をサポートし、S3オブジェクトとして最大15MB、バイト配列として最大5MBまでサポートする。Rekognition APIは対応するAWS SDKsを使うことでJava、.NET、Pythonなど様々な言語を利用できる。Amazon Rekognitionは現在USリージョンとヨーロッパで提供されており、価格の詳細は彼らのサイトに提供されている。

Amazon, Google, MicrosoftはそれぞれのArtificial Intelligence (AI)を通じて、より多くの顧客をプラットフォームに取り込もうと競争している。 MicrosoftはCognitive Servicesで、画像と顔分析機能であるEmotionとComputer Vision APIを含む25以上のAPIを提供する。Googleは、画像の物と顔を認識できるVision APIを提供する。GoogleとMicrosoftのどちらもこの認識サービスを利用できるようになっており、Amazonはそれらに追いつくために歩みを進めている。InvestopediaのBloombergの記事によると:

Amazonに不足しているのは、データを解析して、話を理解し、画像を認識するクラウドコンピューティングクライアントを補助するAIアプリケーションの開発である。Amazonはまだクラウドコンピューティングのリーダーであり、MicrosoftとGoogleはクライアントの切り替えを促すAIアプリケーションを提供することで、一部のギャップを埋めている。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT