BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

ARKit 1.5は垂直面の検出と2D画像認識をサポート

| 作者: Sergio De Simone フォローする 21 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年1月29日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/01/25)へのリンク

読者の皆様へ:お客様のご要望に応じて、重要なものを逃すことなく、ノイズを低減できる一連の機能を開発しました。興味のあるトピックを選択して、電子メールとWeb通知を入手してください

アップルは、iOS 11.3ベータ版の開発者が利用できるARKitのメジャーアップグレードを発表した。Appleによると、ARKit 1.5によって開発者はより没入型の拡張現実(AR)体験を構築できるようになる。

ARKit 1.5の新しい機能は下記の通りである。

  • 場所の状況認識を改善。状況を認識し、壁や扉などの垂直面に仮想的な物体を配置できる。以前のバージョンのARKitでは、テーブルや椅子のような水平な表面しか認識できなかった。さらに、ARKit 1.5は、円テーブルのような不規則な形状の面をより正確に認識できる。
  • 現実世界の画像検出と認識。それによって、標識、ポスター、イラストなどの2D画像をAR体験に統合できる。例えば、Apple社によれば、この新しい機能によって、インタラクティブな仮想展示物で博物館を彩ることや、映画のポスターを生き生きとさせることができる。
  • パススルー・カメラの改善。より高い解像度を提供し、オートフォーカスをサポートし、ARビューの鮮明さを改善する。

Appleは、ARKit 1.5の新機能を利用した2つのARKitベースのアプリケーションをデモした。例えば、プレーヤーがフロアでボールを弾ませたり、壁に設置された仮想ターゲットを叩くゲームである。Appleによる別のデモアプリでは、アポロの月面着陸の画像を認識し、月の表面に着陸したアポロの体験を再現することができた。

昨年6月にAppleはARKit 1.0を導入し、開発者がiOS用のARアプリケーションを作成できるようにした。 ARKit独自の機能には、モーショントラッキング、水平面検出、スケールおよび外乱光の推定がある。数ヵ月後、Appleは、ARアプリケーションのためのHuman Interface Guidelinesを公開し、開発者がARを簡単に開始できるようにし、魅力的な体験を作成するためのヒントを提供した。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT