BT

MicrosoftはAzure Bot ServiceとLanguage Understandingの一般提供を発表した

| 作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年1月17日. 推定読書時間: 5 分 |

原文(投稿日:2018/01/05)へのリンク

あなたのリクエストに応じて、ノイズを減らす機能を開発しました。大切な情報を見逃さないよう、お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知をもらいましょう。

Microsoftは先日、Azure Bot ServiceとLanguage Understanding が一般提供されたと発表した。これらは数か月間、パブリックプレビューされており、アイルランド、香港、ブラジルのサンパウロを含む9個以上のリージョンで利用可能になり、開発者がより多くを実現できる新機能が提供されている。

Language Understanding (LUIS)は、Cognitive Servicesの一部であり、システムが人間と、聞く、見る、話す、理解する、対話すると言った自然な方法でコミュニケーションすることがが可能になるAPIのコレクションである。LUISは、開発者が多くのチャネルで対話型のインターフェイスを開発できるサービスであるAzure Bot Serviceの一部になれる。Microsoftで人工知能とリサーチグループのコーポレートバイスプレジデントであるLili Cheng氏は、Azureブログにおいて発表した:

これらの2つのサービスがAzureで一般提供されたことにより、開発者がボットと対話して、人の意図を事前に理解できるカスタムモデルを構築できるようになりました。

典型的なAzure Bot Serviceのプロビジョニングプロセスには、ボットの種類、サブスクリプション、ロケーション、言語SDK(C#かNode.js)、価格ティア、言語を理解するボットテンプレートが含まれている。プロビジョニングが完了すると、Azure Portal上ですぐにボットをテストできるようになります。言語理解ボットは、基本的なもの以外のインテントを追加することでLUIS AIをカスタマイズできる。さらに、Azure Bot Serviceブレードのビルドタブで開発者は、コードエディターを使うか、zipファイルをダウンロードして、Visual Studioで開くか、継続的インテグレーションコントロールを確立するかを選択できる。チャネルタブには、Skype、Twilio、Slackなど様々なチャネルとの接続のオプションがある。他のタブには、分析、speech priming、Bot Serviceの料金がある。

画像ソース: (スクリーンショット) https://channel9.msdn.com/Shows/AI-Show/Announcing-General-Availability-of-Azure-Bot-Service-and-Language-Understanding-service

channel 9のMicrosoft AI showにおけるAzure Bot ServiceとLanguage Understanding serviceの一般提供リリースで、Microsoft Cloud AIのシニアプログラムマネージャーであるElaine Chang氏は、いくつかの新機能を紹介した:

  • サービスレベルアグリーメントの投資が増加、サービスの信頼性向上、グローバルアクセス、18言語の理解
  • プレミアムチャネルティアの追加によるWeb ChatとDirectLineの99.9% SLA
  • Azure Service BotをAzureに統合することによる、24x7 Azureサポートと、請求とレポートの統合
  • ドキュメント、SDK、サンプル、bot serviceテンプレートの改善
  • 企業が会話状態を保管して、コントロールできるように更新
  • Microsoft Knowledge Graph Exchange for the Cortanaチャネルへの統合を提供
  • 80個のインテント30エンティティから、500インテント、100エンティティにLUISを進化

この改善は、bot frameworkドキュメントに詳細が解説されている。

60か国の760,000人の開発者が、Microsoft AIプラットフォームの一部であるCognitive Servicesを使っている。Azure Bot serviceもこのプラットフォームの一部であり、Azure Bot Serviceは240,000人の開発者がサインアップしており、UPSやMolson Coorsなどを含む多くの企業がサービスを使っている。

イメージソース: https://azure.microsoft.com/en-us/blog/announcing-the-general-availability-of-azure-bot-service-and-language-understanding-enabling-developers-to-build-better-conversational-bots/

MicrosoftだけがAIサービスとボットを提供しているわけではない。2016年11月にGoogleは、AIを使って、開発者が音声とテキストベースの会話インターフェイスを構築できるエンタープライズ版のDialogFlow Chatbot APIをローンチしており、2017年3月にdo-it-yourself chatbot creatorをリリースした Dexterのようないくつかのスタートアップはこのプラットフォームを使ったチャットボットを開発している。

2018年2月1日から有効なAzure Bot Serviceの価格は、価格ページから参照でき、28リージョンで利用できる。Azure Bot Serviceに関する完全なドキュメントは、bot serviceドキュメントからアクセスできる。 さらにLUISの価格は無料ティアから開始できる; 2018年2月1日から有効な価格の詳細はCognitive Services価格—Language Understanding (LUIS)を参照して欲しい。この機能は13リージョンで利用でき、完全なドキュメントはLUISドキュメントサイトで提供されている。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT