BT

InfoQ ホームページ ニュース ブロックチェーンの普及を妨げる課題

ブロックチェーンの普及を妨げる課題

ブックマーク

原文(投稿日:2017/12/24)へのリンク

読者の皆様へ: 皆様からの依頼を受け、重要な情報を維持したままノイズを減らす機能を開発しました。興味のあるトピックを選択しメールとウェブの通知を受け取りましょう

最近のMediumで、Blockchainの開発者であるPreethi Kasireddy氏はBlockchainがメインストリームになるために克服しなければならない課題について書いている。

氏によれば、主な技術的課題は以下の通りだ。

  • 限定的なスケーラビリティ。ネットワーク内の全てのノードが全てのトランザクションを処理するというプロトコルの要件がある。非集権的な合意形成の仕組みを使って望ましい属性を確保するための要件だ。この要件によって、安全性の確保、政治的な中立性、検閲に対する抵抗などの属性が生まれる。

    Kasireddy氏は過去の自分の記事を引き合いに出し、スケーラビリティの改善のためのいくつかの提案が模索されていると説明する。ブロックチェーン内のやりとりや遅い計算をチェーンの外に出す(オフチェーンのペイメントチャンネルとオフチェーンの計算)やり方や、ブロックチェーンの全てのステータスを異なる“シャード”に分け、それぞれのシャードにステータスの一部を保存し、他のシャードと並行して変更することができる。また、有向非循環グラフを使ってブロックチェーンノードを通じたやりとりの伝播を制御する方法も提案されている。

  • 限定されたプライバシー。公開されている台帳に全てのトランザクションが記録されているので、追跡可能が実現されている。Kasireddy氏は可能な解決策を一覧している。ブロックチェーンのアドレスを暗号化する方法やプライベートなプール(ミキサー)にトランザクションを集約する方法、全てのトランザクションを暗号化するグループシグネチャを使う方法、ゼロ知識証明を使う方法などだ。

  • 形式的な契約検証の欠如。誤りのない形式的証明の構築することの従来からの難しさに起因する。この問題に対する提案は多くはない、と氏は書いている。氏はYoichi Hirai氏のEthereumについてのペーパーに言及している。

  • ストレージの制約はブロックチェーンのデータの複製と不変性の影響だ。この問題に対する解決策は全て、ブロックチェーンノードの一部にシステムの状態を保存するというアイディアに基づいている。ピアツーピアのファイルシェアリングプロトコルであるSwarmもそうだ。また、分散ストレージソリューションであるStorj、非集権的なコンテンツシェアリングプラットフォームであるDecentIPFSなどだ。

  • 持続不可能な合意形成メカニズムプルーフ・オブ・ワークのスキームに付随する問題で、ブロックチェーンにも影響を及ぼし、検証の一元化のリスクにさらされる。特に、効率的に検証のステップを実行できる特別なハードウェアとマイニングプール がこのアルゴリズムの非集権化の特徴を低下させる。Kasireddy氏が提示した解決策のひとつはマイニングから“プルーフ・オブ・ステーク”への移行だ。

ここに挙げたものはブロックチェーンの成功に対する課題であり、同時に研究者と開発者のコミュニティの活力の証明を現している。Kasireddy氏の記事にはさらに詳しい内容が書かれている。他にはガバナンスやツールの問題、暗号ベースのシステムに対する量子コンピューターの脅威について書いている。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

RESTlessnessに打ち勝つ

Matt McLarty 2019年3月13日 午前7時39分

.NET CLIクイックツアー

Jeremy Miller 2019年2月18日 午前1時55分

.NET CoreとDevOps

Dave Swersky 2019年2月6日 午後11時46分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。