BT

InfoQ ホームページ ニュース アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

ブックマーク

原文(投稿日:2018/02/01)へのリンク

あなたのリクエストに応じて、ノイズを減らす機能を開発しました。大切な情報を見逃さないよう、お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知 をもらいましょう。

Nuon Solar チームはアジャイルとスクラムを使用することで、プロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを明らかにし、異なる規律の統合、透過性と集中の確保を行い、改善にのための振り返りに取り組んでいる。彼らのゴールはクリーンエネルギーの使用の促進と教育であり、ミッションはイノベーションの力を利用して南アフリカで行われる Sasol Solar Challenge に勝利することである。指示の質と人の交流の質は彼らの成功をドライブするための重要な要素だ。

Nuon Solar のチームマネージャーである Jella van der Lugt 氏は、彼らがいかにアジャイルを適用しているかについて、ブリュッセルにて2月8日に行われるAgile Consortium Belgium 2018 conferenceで講演を行う。InfoQ はこのカンファレンスについて Q&A。要約、記事で取り上げる。

今年の Agile Consortium Belgium conference のトピックは "エンタープライズアジリティを持続可能にすること"だ。

今日の市場において、数々の企業がエンタープライズアジリティを手にするために文化的、組織的な面で大きな変革に取り組んでいるのを目にします。しかし、その試みが進行している、あるいは完了しているように見えるとき、それらの変革を持続可能にするためにはどうしたらよいのでしょうか?今日、新たな問いが生まれています。

InfoQ は van der Lugt 氏に、彼らがソーラーカー開発にどのようにアジャイルを適用しているかについてインタビューした。

InfoQ: Nuon Solar チームとは何者で、何に取り組んでいるのですか?

Jelle van der Lugt 氏: Nuon Solar Team はソーラーレースに参加する学生チームです。チームは "dreamteam" と呼ばれ、10人の TU Delft の学生で構成されています。私たちはオーストラリアで開催される Bridgestone World Solar Challenge と、南アフリカで開催される Sasol Solar Challenge に参加しています。私たちのゴールはクリーンエネルギーの利用の促進と教育です。

InfoQ: なぜこのチームにスクラムを使用しようと思ったのですか?

Van der Lugt 氏: 私たちがスクラムを使用することにした理由はいくつかあります。ひとつは非常に単純なことで、自分たちの組織構造を開発するための十分な時間がないということでした。スクラムは実績のあるシステムであり、その体験を自分たちの利益のために用いることは価値があります。第二の理由は、スクラムによって私たちはプロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを踏むことを強制させられる、ということです。これは私たちにとって非常に重要なことであり、なぜなら私たちはソーラーカーにクールな新しい材料を取り入れるのは大好きですが、4つのホイールとソーラーアレイが無ければその車は走ることができないからです。輝かしい技術と比べると刺激の足りない基礎の部分ですが、初めに取り組まなければならないのです。

スクラムは異なる規律の統合を確立します。デイリースタンドアップでは、今何をやっていて助けが必要なことはないかといった質問がなされます。私は、問題解決において複数の規律は幾度となく互いに助け合うことに気づきました。

スクラムは透過性と集中の存在を確立します。私は一度にひとつのことしかできません。一度にひとつのことに集中することによってスピードが上がり、質の高い結果が得られるということに私は気づきました。これは純粋に、作業時間を通じてタスクをスイッチしないからです。

最後の理由は私にとって最も重要なことで、スクラムは必ず振り返りの時間があるということです。 Nuon Solar チームでは私たちは2つの振り返り、公式のレトロスペクティブと独自のチェックインの時間を設けています。レトロスペクティブではチームのスクラムプロセスを改善することに集中し、チェックインではチームの勘定に集中します。

以前 InfoQ は Jeroen Molenaar 氏に ソーラーチームのコーチングについてインタビューした。彼は、彼らがいかにレトロスペクティブを行っているかについて説明した。

Jeroen Molenaar 氏: レトロスペクティブは、1週間はチームに集中し、次の週は個人に集中するように変わります。これによって毎週チームと個人の両方に集中する必要が生じます。その利点は、各チームメンバーがチーム全体から週替りでフィードバックを受けられるという点です。これによって「見て見ぬふり」を防ぐことができます。誰もが目にする表面化の困りごとですが、チームのレトロスペクティブでは対応できません。

InfoQ: レトロスペクティブでは何を学び、どのように改善へつなげてきたのでしょうか?

Van der Lugt 氏: はじめの頃はレトロスペクティブは主にスクラムを理解するために用いていました。私はスクラムマスターコースを受講していましたが他の8人のメンバーはしていなかったため、スクラムを実践に取り入れるため沢山働きました。

最終的に、スクラムを改善するという自分たちのニーズに応じて2つのレトロスペクティブを始めました。1回で1つの改善。私たちが最近行った改善は、デイリースタンドアップで "助けは必要か?" という質問を追加する、というものです。これによって私たちは規律間の交流を改善し、互いの能力と知識を用いて問題解決に取り組みたいと思っています。

InfoQ: レースカー開発にアジャイルとスクラムを用いることは、通常とどのように違うでしょうか?

Van der Lugt 氏: これは難しい問いですね。スクラムに取り組んだのは今回が初めてなので。Epic Agility とともに、私たちは私たちのスクラムを開発してきました。

InfoQ は Epic Agility の Jeroen Molenaar 氏に違いを尋ねた。

Molenaar 氏: コーチングをすると、エンジニアたちは同じ種類の人々であることに気づくでしょう。少しだけ内向的でいくぶんか "バイナリな" だけです。この事実は、私が彼らをコーチングする上で大きな楽しみとなりました。

違いはドメインの知識です。ハードウェアはソフトウェアではないことを理解しなければなりません。彼らの世界で重要な知識、すなわち計算や予測、部品の名前などを学ぶ必要もあります。したがって同様の概念を単純に適用できないため、ソフトウェアチームのアジャイルコーチングにおける技術的な側面が特に異なる、ということになります。

これは車、ハードウェアです。すなわち、同じように自動化はできません。そのため部品のテストや検証を異なるアプローチで行う必要があります。また、ハードウェアの構築時には形状やパーツは簡単に変更することはできません。結果として、プロジェクトはソフトウェアプロジェクトで経験し想像するよりも段階的になります (設計 > 構築 > テスト)。

私たちが試したことは素早いプロトタイピングと、テストを行う最も簡単な方法を探すことでした。忍耐強く、別ブランドのパーツをどれだけ楽に交換できるかに取り組む必要がありました。決断をできるだけ遅くしたい欲求にも駆られるでしょう。重要な決定を延期し、それを行う柔軟性を構築するのです (決定のインパクトをできるだけ低く維持する) 。

InfoQ: このチームが成功した要素はなんでしょうか。

Van der Lugt 氏: このチームの成功の最も重要な要素は、最大パフォーマンスを出し続けるチームまでの道のりです。これは指示の質、交流の質の2つの要素に取り組むことを意味します。指示の質とは、チームと個人にとって明らかなミッションを用意することです。

私たちのチームのミッションは例えば、イノベーションの力を使って南アフリカでの Sasol Solar Challenge で勝利することです。私の個人的なゴールは、私たちが何ができて何ができないかを私たち自身が決められる環境を作ることです。個人の目標とチームのミッションを結びつけることで、私たちは本質的なモチベーションによって働くチームになろうとしています。

交流の質とは、完全に互いに信頼することを意味します。これを得るための重要な要素のうちのひとつは、チームメンバーがなぜそのように考えるかを学ぶことだと思います。私たちは、自分たちを知っていること異常に互いを知ろうとします。交流の質を高めるためのセッションでは、たとえば「なぜ」を3回繰り返す、というようなことをします。チームメンバー A はチームメンバー B に対し、彼がなぜ Nuon Solar チームに入ったのかを尋ねます。 A は彼の回答をメモします。これを 5 分間行い、時間が来たら役割を交代します。その後同じことをしますが、一段階層を深めます。 A は B に、"ラウンド 1 で、なぜその回答をしたのか?" と尋ねます。合計で互いに 3 回の「なぜ」を尋ねることになります。このセッションの結果は独特で、互いに多くのことを学べます。なぜ Nuon Solar チームにコミットすることにしたかの深い理由を探ることは非常にまれなのです。

When both factors are cared for we will be able to reach our true potential. We still have a long road to go before reaching this, but we will get there! これら2つの要素が十分に配慮されたら、真のポテンシャルを発揮することができるようになるでしょう。まだまだ道のりは長いですが、いつか必ずたどり着きます!

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。