BT

AngularJSとAngularのロードマップ

| 作者: Abel Avram フォローする 11 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年3月5日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/02/09)へのリンク

読者の皆様へ:お客様のご要望に応じて、重要なものを逃すことなく、ノイズを低減できる一連の機能を開発しました。興味のあるトピックを選択して、電子メールとWeb通知を入手してください

AngularJSは今後もう一つのメジャーリリースを行い、3年間のLong Term Support(LTS)に入る。一方、Angularは6ヶ月ごとにメジャーリリースのサイクルが続く。/p>

Angular 2.xがリリースされてから、以降、シンプルにAngularと呼ぶが、AngularJSは、NPMレジストリによると利用者がわずかに減少した。これは、AngularJSを使用したほとんどのプロジェクトが引き続き使用しているこを示している。NPMは、AngularJSと比較してAngularの人気がほぼ倍となっていると報告しており、それは、ほとんどの開発者はAngularを新しいプロジェクトに使用することを示している。AngularJSへの投資については、AngularのコアチームメンバであるPeter Bacon Darwin氏が、フレームワークの開発計画を概説するロードマップを公開している。

AngularJS 1.6は2016年12月にリリースされ、続いて9つのパッチがリリースされ、バグ修正と小さな改善があった。この春、もう一つの重要なバージョンをリリースする予定である。その後、AngularJS 1.7は、2018年7月1日に3年間のLTSに入る。チームは2018年6月30日までパッチリリースを追加し続けたいと考えているが、「マイナーであろうと互換性を破る変更」は何も求められていない。

1.7 LTSの間、大手ベンダが自身のブラウザに互換性のない変更を導入する場合や、jQueryと同様の問題がある場合、セキュリティ問題を修正し、フレームワークを再構築する予定である。ロードマップはAngularプラットフォームへの招待で終わる。したがって、LTSが終了すると、AngularJSが道の終点に到達すると解釈できる。

Angularは6か月ごとにメジャーリリースを予定しており、3月に次のバージョン(6.0)、9月に7.0、翌年の春に8.0が予定されている。LTSはAngular 4.0と6.0向けに1年間提供され、セキュリティとクリティカルな修正のみが提供される。新しい機能と古い機能の改善を享受するために、開発者は最新のバージョンを使用する必要がある。Angularチームは、連続するメジャーバージョン間の互換性を約束するが、開発者は廃止予定のAPIが2バージョン後に削除される可能性があることに注意しなければならない。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT