BT

Go言語2017年調査は、ジェネリクスと依存関係管理がGo言語に最も求められている機能であることを明らかにした

| 作者: Sergio De Simone フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 Kobayashi Kenichi フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年4月9日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/03/09)へのリンク

あなたのリクエストに応じて、ノイズを減らす機能を開発しました。大切な情報を見逃さないよう、お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知をもらいましょう。

最新のGo言語調査によって、 Go言語にはジェネリクスと依存関係管理の機能が不足しており、これがこの言語の二大問題である、と開発者が考えている、ということが分かった。 このような状況であっても、多くの回答者は、Go言語を個人プロジェクトではなく専門的に使用している、ということが、調査により初めて明らかになった。

Go言語におけるジェネリクスや依存関係管理の不足は、Go言語の採用が遅れる主要因となっているおそれがある。 Go言語には重要な機能が不足しているので採用しなかった、と回答した調査回答者の数は、昨年より増加している。 逆に、Go言語が自身のプロジェクトに適さない、と回答した回答者の数は減少している。

Googleのエンジニア、Steve Francia氏によると、Go言語チームは開発者の関心事に注目しており、ジェネリクスと依存関係管理を2018年のGo言語の主な焦点とするつもりである。 具体的には、Go言語チームはExperience Reportswikiを使用し、コミュニティからのフィードバックや関心事を積極的に取り扱う。 しかし、Francia氏によれば、二大問題に対する重要な作業は2017年中にGo言語の取得とパッケージの構築によって、すでに行われているので、特段のロードマップはない。

調査によって明らかになった興味深い知見としては、Go言語が、主にCLIプログラムよりもAPIやRPCサービスの構築のために使われる、初の言語だということである。 これは、Go言語がクラウドのために設計された言語である、ということに沿っており、将来的に成長する、とGo言語チームが期待しているトレンドである。

2017年の調査によって提供される測定値のほとんどは、去年の結果を再確認するものになっている。 特に、LinuxはGo言語での開発用に最も使用されるOSである、 Visual Studio CodeはVimと共に、よく使用されるエディタである、 デプロイ先の割合は自社サーバとクラウドが半々程度であり、クラウドはAWSが主導的な位置を占めている、といったことが挙げられる。

改善が必要な領域としては、Go言語プロジェクトに協力する方法を明確にすること、がある。 実際のところ、Go言語の開発に協力する、と答えた開発者は55%から59%に増加している。 しかし、回答者の多くは、どのようにすれば協力できるかわからない、と答えている。 最後に、コミュニティに対するポジティブな言葉として、協力者数の増加を歓迎する、ということが記載されている、

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT