BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

AngularチームはAngular 6をリリースした

| 作者: Dylan Schiemann フォローする 13 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年5月16日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2018/05/08)へのリンク

あなたのリクエストに応じて、ノイズを減らす機能を開発しました。大切な情報を見逃さないよう、お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知をもらいましょう。

2018年5月3日、Angularチームは、Angularツールチェーンの改良に焦点を当てたAngularのバージョン6をリリースした。重要な更新により、新しいアプリケーションを追加する機能、tree shakeコードのパフォーマンス向上、アプリケーションソースコードと依存性の更新が容易になる。

ng update CLIコマンドはpackage.jsonを解析して、Angularアプリケーションの更新を推奨する。サードパーティーは、破壊的変更を作る依存性が必要な時に、自動的にアプリケーションコードを更新するためのschematicsを使った更新スクリプトを提供することができる。ng updateコマンドは使ってnpmまたはyarnを使って依存関係を管理し、プロジェクトに変更を適用する。

Angular 6 CLIはまた、ng addコマンドにより、依存性の追加と、PWAスキャッフォールディング、Materialコンポーネント、Angular Elementsなどの新しい機能をサポートするschematicベースのインストールを導入している。

Angular Elementsは、Custom ElementsとしてAngular componentsの使用をサポートする最初のリリースであり、StencilやDojoが、Web Components標準に従ったコンポーネントをエクスポートしやすくなるアプローチに似ている。この追加によりAngularはCustom Elements標準により近づき、Angularコンポーネントに関する一般的な不満を解消する。

Angular Materialは、階層データを表示するためのtreeコンポーネントなどの新しい機能が追加されている。Angular Materialはまた、Sidenav、Dashboard、Data Tableという3つの新しいコンポーネントも提供している。これは、開発者が一般的なアプリケーションユーザー体験を開発する出発点になる。

Angular 6はまた、全体のパフォーマンスとアプリケーションサイズに関する不満にも対応し始めている。このリリースは、tree shakeソースコード機能が改善され、結果として製品アプリケーションサイズが小さくなった。

Angularチームは、圧縮とミニファイしたときに、Hello Worldサイズを10KB未満にしようとしている。Ivyレンダリングエンジンのアップデートは、ゴールを達成するために現在開発中であり、将来のAngularリリースで計画されている。

Angularはまた、RxJSの依存をRxJS 6に更新し、tree shaking周りの改善し、APIをchainingからpipingに変更して、パフォーマンスの向上も目標にした。

Angular 6の更新とバグフィックスは、Angular frameworkマテリアルとcdkcliに完全なリストが提供されている。 AngularはMITオープンソースライセンス下で提供されている。コントリビューターは、Angular GitHub projectにて歓迎されている。

 

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT