BT

RyuJITに.NET Coreに対応完了

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年6月26日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/06/22)へのリンク

.NET Core CLRチームは、次世代のJust-In-TimeコンパイラRyuJITが.NET Coreプラットフォームに完全に対応したことを発表した。詳しくない人にとっては、.NET Coreでコンパイラ(Roslyn)がC#をCIL(Common Intermediate Language)バイトコードにコンパイルするものである。RyuJITは、次にこのCILバイトコードを対象アーキテクチャのマシンコードにコンパイルする。その結果、RyuJIT(x86、x64、ARM32、ARM64)でサポートされている4つのCPUアーキテクチャすべてが、従来のシステムと比較して、RyuJITによって提供されるパフォーマンスと高効率の恩恵を享受できるようになった。

RyuJITの開発は、コミュニティにおけるプレビューを通じて、2013年9月に初公開された。RyuJITの最初の製品リリースはx64アーキテクチャ向けであり、2015年7月に.NET Framework 4.6の一部としてリリースされた。次にx86、続いてARM32に対応した。MicrosoftのBruce Forstall氏によれば、ARM64は.NET Core 2.1の「プレビュー品質に近い」ものである。明確には述べていないが、.NET Core 2.2にはこのアーキテクチャが含まれるようである。Forstall氏は、ARM64プラットフォームのサポートを進めるためにクアルコムが大きな協力があったと述べている。

現在の.NET Frameworkのユーザは、x64プラットフォームをターゲットにする場合、RyuJITを利用するメリットがある。x32用に生成されたコードは、従来のコンパイラであるJIT32を引き続き使用する。.NET Core 2.1ユーザはすでに、RyuJITをx86、x64、ARM32に利用している。

この作業を完了し、Forstall氏は、RyuJITの今後の計画として、SIMDサポート、アーキテクチャ固有のハードウェア組み込み関数、および「Linuxソフトウェアコンベンションのサポート」の追加すると述べている。また、Forstall氏らは、RyuJITが生成するコードの全体の品質を引き続き改善したいと考えている。開発者の反応は全体的に好感触のようである。WebASMをターゲットとして追加するという、興味深い見通しの可能性について質問した人がいたが、現在のところ正式な発表はない。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT