BT

OpenIDが主要な支持者であるStackOverflowを失う

| 作者: Jonathan Allen フォローする 632 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2018年7月23日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/07/11)へのリンク

OpenIDは最大の支持者の一人を失ってしまった。StackOverflowやその他のQ&A Webサイトの背後にある企業であるStack Exchangeは、2018年7月25日にOpenIDのサポートを完全に廃止する予定である。これは、OpenIDを提供しているWebサイトの長期的傾向として続いている。

Stack ExchangeのプロダクトマネージャであるJoe Friendは、変更の理由をいくつか挙げている。主な理由はコストである。OpenIDを使用する人の数は、機能を維持するために必要な労力に比べて非常に小さい。最後の集計では、過去12ヶ月間にStack Exchangeにログオンしたユーザはわずか13,000であった。アカウント数は950万を超えており、ログオンしたユーザは「およそ0.1パーセント」である。彼は、非アクティブなアカウントについて、OpenIDを選択しているユーザはわずか2.9%に過ぎないと言っている。

すべてのウェブサイトに対するユニバーサルログインの背後にある考えは引き続きある。しかし、ユニバーサルログインは主要な2社、つまりGoogleとFacebookによってコントロールされている。これは、誰も支配することがないユニバーサルサインインシステムを提供することであったOpenIDの目標とは全く対照的である。理論的には、誰でもOpenIDプロバイダを作成することができ、多くの人が公に利用可能な製品に頼るのではなく、独自の方法で開発した。

長年にわたり、私たちはOpenIDプロバイダがシャットダウンされ、ユーザが不満を募らせるのを見てきた。Joe Friendは、サイトから削除しなければならないプロバイダの2つの例を挙げている。それはClaimIDmyOpenIDである。Stack ExchangeのOpenIDプロバイダもシャットダウンされるが、正確なタイムラインはまだ公開されていない。

このすべては、GoogleやFacebookに依存するウェブサイトに対して深刻な懸念が持ち上がるであろう。彼らがユニバーサルログインサービスをシャットダウンすると決めたらどうなるか。完全に削除する可能性は低いが、次のような理由で特定のWebサイトのユニバーサルログインを無効にすることができる。

  • GoogleまたはFacebookとウェブサイトとの間の法的または財政的紛争
  • ウェブサイト上で不適切または違法な行為があったかどうかの告発
  • データの使用と共有に関する法律の変更
  • 2国間の貿易紛争
  • 国家レベルでのインターネットトラフィックの検閲(例えば、中国のグレートファイアウォール

パニックに陥る理由はないが、ユニバーサルログインプロバイダに頼っている企業は、全体的な災害復旧計画の一環としてコンティンジェンシープランを持つことが不可欠である。ログインサービスが利用できない場合、企業が代替ログインオプションを開発し、ユーザに通知するまで、数週間にわたって企業が活動不能になる可能性がある。

Rate this Article

Adoption Stage
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT