BT

InfoQ ホームページ ニュース Google Playアプリのための継続的インテグレーション

Google Playアプリのための継続的インテグレーション

ブックマーク

原文(投稿日:2018/07/05)へのリンク

最後のGoogle I/Oカンファレンスで、GoogleはGoogle Play Publishing APIのバージョン3を紹介した。これにより、開発者は継続的インテグレーションのワークフローからGoogle Playにアプリを公開できる

Google Play Publishing APIにより、開発者は、新しいバージョンのアプリのアップロード、特定のトラックへのアプリのリリース、Playストアに表示される情報の管理などのアプリ配信タスクを自動化できる。バージョン3では以前はPlayコンソールでしか使用できなかった多数の操作がサポートされているため、ワークフロー全体を完全に自動化することができる。

Publishing APIで使用される基本的なメッセージ形式は次のとおりである。

{
  "track": "production",
  "releases": [
    {
      "name": "Release One", 
      "versionCodes": ["100"],
      "status": "completed"
    }
  ]
}

productionにリリースするだけでなく、テストトラック(alphabeta)にリリースして、テスターベースにアクセスさせることもできる。また、段階的にrolloutしながら、新しいバージョンのアプリをデプロイすることができる。これにより、限られた数のユーザーのみが新しいリリースを利用できるようにできる。アプリの品質をより自信が持てるようになるにつれて、公開先に含まれるユーザ数が徐々に増加することができる。次のJSONメッセージは、アプリの新しいリリースについて、段階的なrolloutを行う方法を示している。

{
  "track": "production",
  "releases": [
    {
      "versionCodes": ["100"],
      "status": "completed"
    },
    {
      "versionCodes": ["200"],
      "status": "inProgress",
      "userFraction": 0.1
    }
  ]
}

実フィールドで検出された重大な問題にすばやく反応して、statushaltedに変更できる。

他に、Publishing APIによってできる興味深いことがある。それは、Playコンソールにログインしたときにのみ使用できるドラフトリリースを作成することである。これにより、リリースを自動的に準備することができますが、プロダクトマネージャが明示的に承認するまで、利用可能な状態にすることを延期することができる。

{
  "track": "production",
  "releases": [
    {
      "name": "Big Launch",
      "versionCodes": ["200"],
      "status": "draft"
    }
  ]
}

最後に伝えるべきこととして、サポートされている複数の言語でリリースノートを含めることもできる。

Publishing APIを使い始めるには、Googleが公開しているサンプルコードを参考にしてください。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。