BT

InfoQ ホームページ ニュース Flutter Release Preview 1はML Kitなどをサポートする

Flutter Release Preview 1はML Kitなどをサポートする

ブックマーク

原文(投稿日:2018/07/04)へのリンク

Googleは先日Flutter Release Preview 1を発表した。Flutterはクロスプラットフォームアプリ開発のオープンソースフレームワークでありiOSとAndroidの両方がサポートされる。Flutter Release Preview 1には、ハードウェアキーボードとバーコードスキャナビデオ録画ML KitVisual Studio CodeのFlutter拡張のアップデートなどのサポートが含まれている。

GoogleによるとFlutterは、2月の最初のベータから、他の多くの人気があるオープンソースと比較して、急速に成長している。人気と勢いの一般的な評価軸はGitHubのスター数だが、Flutterは最近GitHub上のトップ100ソフトウェアリポジトリのひとつになっている。Alibaba、Groupon、Google adWordsなどのFlutterの早期導入社はApple StoreとGoogle Playに公開を開始している。

他のフレームワークと同様にFlutterは共有パッケージを使って他の開発者による貢献をサポートしている。これにより開発者は全てをスクラッチから開発することなく、迅速にアプリを開発できる。コミュニティには以下を含む多くのプラグインが貢献されている:

  • Flutter platform widgets: プラットフォームに対応したウィジットを作成できるかどうかを確認
  • mlkit: Firebase ML Kit APIsのラッパー
  • Sequence Animation: 一連のアニメーションの作成を助ける
  • Device info: Flutterアプリケーション内から現在のデバイス情報を取得する
  • Path provider: ファイルシステム上でよく使われる場所を見つけるプラグイン

Flutterチームは、幅広いフォーマットのサポートと、信頼性を向上させたビデオプレイヤーパッケージ; FirebaseがサポートするFirebase Dynamic Linksを拡張; iPad MiniとiPhone 5cのような古いデバイス上でFlutterアプリの実行を可能にするARMv7チップ上の32ビットiOSデバイスのサポートなど、幅広いプラグインのサポートを向上して、完全性に向かって焦点をシフトしている。

Visual Studio CodeのFlutter拡張は新しいアウトラインビュー、ステートメント補完、Visual Studio Codeから直接エミュレータを起動する機能などが更新されている。

開発者は、Flutterベースのユーザーインターフェイスを開発するために、コミュニティからのFlutterツールであるFlutter Studioも試すことができる。このツールは、50以上のFlutterウィジットのプロパティエディタがサポートされているため、ウィジットカタログを探すのに適している。このツールはDartで書かれている。

Flutterについては、Google I/O 2018newsletters, ハンズオンビデオdeveloper showsディスカッショングループチャットルームコミュニティサポートで学ぶことができる。Flutter Release Preview 1を試したい場合は、インストール手順に従うとよい。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。