BT

Pivotal、Spring Cloud Data Flow 1.5をリリース

| 作者: Michael Redlich フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 阪田 浩一 フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年8月6日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2018/06/30)へのリンク

PivotalSpring Cloud Data Flowのバージョン1.5をリリースした。リアルタイムデータの処理パイプライン構築用プロジェクトである。新機能は次のようなものである。

ここで新機能をいくつか試す。

以下の図に示すように、Spring Cloud Data FlowはSpring BootSpring Cloud StreamSpring Cloud Taskといった多くのSpringプロジェクトの上に構築されている。

はじめの一歩

このクイックスタートガイドではdocker-composeユーティリティを使いローカルマシンにSpring Cloud Data Flowをセットアップする方法をデモしている。

    
DATAFLOW_VERSION=1.5.1.RELEASE docker-compose up
    

構築後、http://localhost:9393/dashboardからSpring Cloud Data Flowのダッシュボードにアクセスできる。

UIの改善

Spring Cloud Data Flowでのユーザインタフェースの改善点は次のようなものだ。

  • より軽量なデザイン。
  • タスクタブの改善。他のタブのスタイルと一致させている。
  • Stream Builderの改善。
  • 操作が簡単な新しいページネータ。

クイックスタートガイドでは単純なログストリームをビルトインのビジュアルエディタを使って作成する方法もデモしている。

現在のバージョンではストリームは自動的にデプロイされるが、改善後のStream Builderにはプロパティエディタがあり、デプロイする前にストリームをカスタマイズできる。

デプロイ済みストリームのリストでは新しいページネータコンポーネントが目立つ。1ページの表示件数を20、30、50、100に設定できる。

Stream Application Starters

Stream Application StartersTask Application StartersはSpring BootとSpring Integrationで動作するスタンドアロンのアプリケーションであり、アップデートされたばかりだ。多くのプラットフォームで独立して動作させることができ、マイクロサービスアプリケーションをプロデュース、コンシュームでき、そしてApache KafkaRabbitMQを使ってメッセージングを提供できる。

Spring Initializrの特別なバージョンはSpring Cloud関連ライブラリ向けに設計、作成されている。

通常のSpring Initializrアプリケーションと異なる点があることに注意してほしい。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT