BT

InfoQ ホームページ ニュース Amazon API Gatewayがプライベートエンドポイントをサポート

Amazon API Gatewayがプライベートエンドポイントをサポート

ブックマーク

原文(投稿日:■)へのリンク

Amazonは、VPC(Virtual Private Cloud)内のプライベートAPIエンドポイントをユーザに提供するAPI Gatewayサービスを新たに発表した。提供されるAPIエンドポイントは、VPC Endpointを使うことで、ユーザのAmazon VPC内からのみアクセス可能となる。

API Gatewayは、開発者がAPIの作成、公開、保守、監視、保護を行うことの可能なAWS内のサービスである。サービスはAmazonが管理するので、ユーザはそれぞれのAPI呼び出しと転送されるデータ量に対して料金を払うのみでよい。ただしプライベートAPIについては、データ転送料金は発生しない。APIゲートウェイを利用する企業は、自身のAPIでAWS LambdaやAmazon EC2、Elastic Load Balancing (ELB)などのテクノロジ、Application Load Balancers(ALB)、Amazon DynamoDB、Amazon Kinesisなどのバリアント、さらには公開されているHTTPSベースのエンドポイントを利用することが可能だ。

2015年7月中旬に最初に公開されて以来、API Gatewayは、プライベートエンドポイントをサポートする現在のバージョンまで進化を続けてきた。しかもプライベートエンドポイントは、発表のブログ記事によると、これまで不足していたパズルの最後の1ピースなのだ。Amazonは長年にわたって、次のような重要な機能を追加してきた。

現在のAPI Gateway機能セットを使えば、必要であればほぼすべてのバックエンドで、公開APIを用意できるようになる。さらに、プライベートエンドポイント機能を加えることによって、自社のVPC内や、あるいはDirect Connect経由で接続された自社のデータセンタ内のその他のサービスやリソースを、REST APIでセキュアに公開することが可能だ。

AWS PrivateLinkインターフェースVPCエンドポイントは、ユーザがVPC内に定義したサブネットへのエラスティックネットワークインターフェースを構築することで動作するため、API Gatewayプライベートエンドポイントのイネーブラ(enabler)の役割を果たす。その後、これらネットワークインターフェースは、他のVPCで動作するサービスや、あるいはAWS API GatewayなどのAWSサービスへのアクセスを提供する。ユーザが自身のインターフェースエンドポイントを定義する場合は、どのサービストラフィックが通過するかを指定する必要がある。


出典: https://aws.amazon.com/blogs/compute/introducing-amazon-api-gateway-private-endpoints/

Amazon API Gatewayは現在、世界中の16のAWSリージョンで公開されている。料金の詳細は価格ページで確認することができる。Amazon API Gatewayに関する詳細情報も、リソースページからアクセス可能だ。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。