BT

InfoQ ホームページ ニュース macOSのダークテーマ、可変フォントなどをサポートするMozilla Firefox 62

macOSのダークテーマ、可変フォントなどをサポートするMozilla Firefox 62

ブックマーク

原文(投稿日:2018/09/21)へのリンク

MozillaがFirefox 62をリリースした。このバージョンでは、可変フォントやMacOS Mojaveでのダークテーマ自動対応、Androidでのスクロールの改善などが提供されている。

デスクトップ用のFirefox 62では可変フォントがサポートされた。可変フォントはOpenTypeフォント仕様を発展させたもので、書体のさまざまなバリエーションをひとつのファイルに組み込むことができる。標準的なフォントでは、通常、バリエーションごとに別々のフォントファイルが必要である。このためHTTP要求が増え、ダウンロードされるデータも増加する(ファイルあたり20k)。可変フォントは付加データを含むことにより、開発者がCSSと単一の@font-faceリファレンスを使用することで、特定のフォントファイルに含まれるすべてのバリエーションにアクセス可能になる。

可変フォントはEdge 17以降、Firefox 62以降、Chrome 69以降、Android 69以降、Safari 12以降、Safari for iOS 11.4以降の各ブラウザでサポートされている。Linuxでは最新のLinux Freetypeバージョンが必要であること、10.13以前のmacOSでは可変フォントがサポートされていないことに注意が必要だ。

(図はdevelopers.google.comから引用)

CSSファイルでは次のように可変フォントを使用する。

@font-face {
  font-family: 'AmstelvarAlpha';
  src: url('../fonts/AmstelvarAlpha-VF.ttf');
  font-weight: normal;
  font-style: normal;
}

もうひとつの新機能はmacOS専用で、macOS Mojaveがダークモードの場合に、Firefoxが自動的にダークテーマを有効にするというものだ。

デスクトップ用Firefox 62では、Web開発者向けに以下の機能が追加、変更、および削除されている。

Firefox 62にはまた、アドオン開発者向けにも一連の機能追加、変更、削除が行われている。

その他、特に開発者を対象としたものではない新機能、バグフィックス、変更には次のようなもがある。

  • Symantecの発行した証明書を信頼できないものとして、Firefox 63のSymantecが発行した証明書の信頼をすべて削除することを可能にするプリファレンス。アドレスバーでabout:configに移動し、“security.pki.distrust_ca_policy”に2をセットすることで、このプリファレンスが利用可能になる。これは、Symantec CorporationのPKIによって発行された、一連の疑わしいWebサイト認証証明書に関連するものである。
  • WebAuthnのFreeBSDサポート(Bug 1468349)。
  • アクセラレーションハードウェアを使用しないWindowsユーザ向けの、Parallel-Off-Main-Thread Paintingを使用したグラフィックレンダリングの改善(Bug 1454980)。
  • スペクタのShape Pathエディタの刷新と連動した、よりリッチなWebページレイアウトを可能にするCSSシェイプのサポート。
  • Adobe Flashアプレットは、macOSのプロセスサンドボックスを使用した、より安全なモードで動作するようになった。
  • WebRTCの画面共有方法の変更。ウィンドウを画面共有する場合、そのウィンドウが前面に表示されるようになった(Bug 1450658)。

Firefox 62の機能とバグフィックス、変更の全リストはリリースノートにある。Firefox 62用のサイト互換性に関するガイドも用意されている。

iOS用ではタブにいくつかの改良が加えられており、タブの検索や切り替え、管理が可能になった。これにより、ひとつのビューでタブ設定を管理することができる。開いているタブを検索して、通常のブラウジングとプライベートブラウジングをシームレスに切り替えることも可能だ。

iOS用Firefoxの他の新機能としては、ダークからライトへのテーマの切り替えが、手動または自動で簡単にできるようになった。“Settings > Display > Light or Dark”をクリックするか、あるいはAutomaticスイッチを使って自動的に切り換える。

Android用Firefoxには一連のセキュリティフィックスの他、いくつかのパフォーマンス改善が行なわれている。

  • スクロールパフォーマンスの改善。
  • ディスクキャッシュが遅い場合にネットワークからロードすることによる、Wifi接続時のページロード時間の短縮。
  • 通知設定の“Product and feature tips”の切り替えにより、表示される通知をより詳細にコントロールできるようになった。
  • WebRTC video sessions between Firefox for Android and Safari browsers work again Android用Firefoxと WebRTCビデオセッション

すでにインストールしているユーザは、自動アップデートが可能である。新規ユーザは、デスクトップ用はfirefox.comから、AndroidおよびiOSユーザはそれぞれGoogle PlayおよびAppleのApp Storeからダウンロード可能だ。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。