BT

InfoQ ホームページ ニュース TensorSpace.jsがニューラルネットワークの3D可視化フレームワークを提供

TensorSpace.jsがニューラルネットワークの3D可視化フレームワークを提供

ブックマーク

原文(投稿日:2018/12/06)へのリンク

TensorSpace.jsはオープンソースの、ブラウザベースのニューラルネットワークデータ可視化フレームワークだ。TensorFlow.jsKeras、またはTensorFlowで生成されたトレーニング済みモデルをサポートすることにより、拡大を続けるマシンラーニングの適用分野を補完する。

このプロジェクトは、マシンラーニングモデルの構造に加えて、内部機能の抽象化や中間データ操作、最終的な推論生成といった一連のプロセスを可視化することで、フロントエンド開発者を支援する。

TensorSpace.jsは、基盤3D描画APIとしてTree.jsを使用すしている。このプロジェクトは、LeNet、AlexNet、YOLOv2、ResNet-50、Vgg16、ACGAN、MobileNetv1、Inceptionv3などの機能モデルとシーケンシャルモデルのデータ可視化を提供するものだ。それぞれのモデルでの例は、TensorSpace.js playgroundで確認できる。

TansorSpaceレイヤは、全結合(dense)、平坦化(flatten)、再形成(reshape)、プーリング(pooling)といった内部レイヤのデータや構造を、マシンラーニングAPIを使い慣れたユーザに分かりやすい方法で3D可視化するためのコンテナを提供する。

TensorSpace.jsを使用するには、まずnpmまたはyarnを使ってインストールを行う。

npm install tensorspace

# or

yarn add tensorspace

次に、TensorSpace.js HelloWorld資料か、あるいはこちらのCodePenを使ったサンプルに従う。

最新のTensorSpace.js 0.2リリースには、多数の機能とバグ修正が加えられている。安定バージョンにはまだ達していないものの、マシンラーニングデータ可視化の有用性から、多くの期待を抱かせるものだ。

TensorSpace.jsは、Apache 2ライセンス下で提供されるオープンソースソフトウェアである。コントリビューションやフィードバックは、TensorSpace.jsコントリビューションガイドラインに従って、TensorSpace.js GitHubプロジェクト経由で提供してほしい。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。