BT

InfoQ ホームページ ニュース Canonicalが統合したインフラストラクチャを提供

Canonicalが統合したインフラストラクチャを提供

ブックマーク

原文(投稿日:2019/05/11)へのリンク

Canonicalは、OpenStack、Kubernetes、Ceph、Swiftなどの既存のサービスをカバーする、Ubuntu Advantage for Infrastructure(UA-1)と呼ばれるオープンソースインフラストラクチャを統合した製品をリリースした。このソリューションでは、Essential、Standard、Advancedの3つのレベルのサポートが提供されている。ノードごとの料金は、実行されているソフトウェアに関係なく一定である。

CanonicalのUbuntu Advantageサポートサービスは、特にUbuntuサーバとUbuntuデスクトップ向けである。そのサポートサービスは、技術サポート、Canonicalのナレッジベースへのアクセス、Landscape(システム管理ツール)、および「Ubuntuの使用中に顧客にもたらされた知的財産権侵害の申し立て」に対する法的保証をカバーする。

UA-Iは、これらの概念をKubernetes、KVM、OpenStack、OpenStackストレージコンポーネント(CephおよびSwift)などのインフラストラクチャコンポーネントに拡張している。このリストには、KubernetesMicroStackのCharmedディストリビューションなどのCanonicalディストリビューションも含まれる。Canonical Ltd.のCEO、Mark Shuttleworth氏は、Open Infrastructure Summit(以前はOpenStack Summit)での最近の基調講演で、今後UA-Iが「Google、Amazon、Azure、VMWareのKubernetes」をサポートすると発表した。

Kubernetesをサポートする他のベンダーには、マネージドKubernetesソリューションを持つRedHatや、プライベートクラウドソフトウェアの一部としてKubernetesを持つMirantisがある。

UA-IのEssentialパッケージには、長期的なセキュリティアップデートと、LinuxおよびベースDockerイメージに対する規制への準拠が含まれているFIPS(Federal Information Processing Standards)および重大なセキュリティの脆弱性に対するライブパッチもその一部を構成する。次の2つのレベルでは、テクニカルサポート、長期的な修正、および法的保証が追加される。

Canonicalのプロダクトディレクター、Stephan Fabel氏は、Linux Journalへのインタビューで、UA-Iの最大の差別化要因は、顧客が異なるインフラストラクチャコンポーネントに対して同じサービス契約を使用できることであると述べている。特定のインフラストラクチャコンポーネントについては、技術的サポートもサポート契約の一部である。たとえば、彼は、「Kubernetesでは、Jaegerサポート、Containerdサポート、およびKubernetesに関連するその他のテクノロジサポートを受けることができる」と付け加えている。

UA-Iには、PrometheusとGrafanaをベースにしたロギング、モニタリング、アラート(LMA)などの(PDF)補助サービスが含まれている

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。