BT

InfoQ ホームページ ニュース GitHub Package Registryがソースコードとパッケージを統合

GitHub Package Registryがソースコードとパッケージを統合

ブックマーク

原文(投稿日:2019/05/13)へのリンク

GitHubは新しいPackage Registryの限定ベータ版を立ち上げた。ソースコードと同じユーザインターフェースでパブリックまたはプライベートパッケージの公開をシンプルにすることを目的としている。GitHub Package Registryはnpm、Maven、RubyGems、NuGet、Dockerイメージをサポートしており、より多くのパッケージ管理ツールのサポートがすでにロードマップ上にある。

GitHub Package Registryができるだけ多くのパッケージ管理ツールと互換性があることを目的としていることを理解することは重要であるが、それらを置き換えることを目的とはしていない。特に、GitHub Package Registryの優れたユースケースは、非公式で開発バージョンのパッケージのを公開することである。そのため、その種のパッケージの公式公開レジストリにアクセスすることなく、試したり他のプログラムに統合したりできる。

GitHub Package Registryを使用する最大の利点は、自身のコードとパッケージが緊密に統合されることにある。そのため、同じ既知のインターフェイスを使用して両方を管理できるだけでなく、組織、チーム、権限などを含む同じプロジェクト設定を活用できる。

具体的には、ソースコードとパッケージの両方に同じ一連の資格情報を使用できる。パッケージは、親リポジトリと同じ閲覧範囲と権限を継承する。ソースコードを操作するときと同じように、プライベートパッケージにアクセスできるユーザ、新しいパッケージを作成できるユーザなどを制御するために組織を使用できる。

GitHubの検索やブラウジングのUIと統合されているだけでなく、GitHubパッケージはwebhookやGitHub Actionを含む他のGitHub管理ツールとも統合されている。これにより、自身のCIパイプライン内のソースコードからのパッケージの作成と公開を統合できるようになる。

GitHub Package Registryのもう1つの便利な機能は、Package Insightと呼ばれる、パッケージに関する多数の詳細情報と統計情報にアクセスできることである。Package Insightは誰にでもアクセス可能である。そして、GitHubによると、それがパッケージに対する信頼を築き、依存関係として追加したいパッケージが期待通りのものであるかどうかを二重チェックさせることに貢献するかもしれない。

すでに述べたように、GitHubはGitHub Package Registryへの限定ベータアクセスを提供している。GitHubのプロダクトマネージャSimina Pasatによると、GitHub Package Registryは、通常のGitHubの価格設定方針に従って、個人利用の有料プランでは、オープンソースパッケージ対しては無償となる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。