BT

InfoQ ホームページ ニュース Java EE仕様はJakarta EEに改名された

Java EE仕様はJakarta EEに改名された

ブックマーク

原文(投稿日:2019/07/04)へのリンク

Eclipse Foundationは最近、プラットフォームの将来における各文書の役割の統合と明確化のために改名し、Java EE標準の各仕様をJakarta EEの新たなホームに移った。

新しい名前のJakarta EEは、Java EEの2回目の主要なブランド変更である。2006年5月、「J2EE」という用語が廃止予定となり、Java EEという名前が選択された。ナンバー2は、YouTubeは独立系企業Plutoはまだ惑星と見なされていたため、名前として現れなかった。同様に、ナンバー2は、Java SE 5(2004)の一部としてJ2SEから削除された。そのとき、Googleはまだ非公開企業であった

javax名前空間を再利用することの意見の相違に従って、Jakarta EEの新しい名前はアプリケーションが何であるかに対して目に見えるカットラインを提供する。

  • Jakarta EEは、jakartaネームスペースを使用したバージョン9(2019)以降を参照する。
  • Java EEは、javaxネームスペースを使用した、Java EE 5(2006)からJava EE 8(2017)を参照する。
  • J2EEは、javaxネームスペースを使用して、Java EE 4以下を参照する。

Eclipse Foundationのマーケティングマネージャを務めるWayne Beaton氏は、仕様自体の名称変更方法を明確にした。「Java」という言葉を「Jakarta」に置き換える以上に、名前の変更により、各仕様名に一貫性と明確さがもたらされる。例えば、API仕様は、その名前に冗長な単語「API」を必要としない。

仕様の名前変更では、依存関係のパッケージ名はまだ標準化されていない。例えば、新しく名前が変更された仕様Jakarta Mail(以前のJava Mail)では、groupIDとしてcom.sun.mail、artifactIdとしてjakartaが使用される。一方、Jakarta RESTful Web Services(以前のJAX- RS)では、groupIdとしてjakarta.ws.rs、artifactIdとしてakarta.ws.rs-apiが使用される。

明確化が進むのは、多くの開発者がフレームワークのミックスとマッチングのアラカルトの未来を見ているときである。MicroProfileなどの特定のフレームワークは、Jakarta EEの他の部分を使用している。John Clingan氏が投稿でこの2つの違いを明らかにした。 MicroProfileはJakarta EEと同じではない。Quarkusなどの他のフレームワークは、開発者が、自身のコードが解決している問題に最も適切なツールを選択するというハイブリッドアプローチを作成するために、Jakarta EEと組み合わされる。

公式のプロジェクトの名前変更は、単にコードレベルでアプリケーションのライブラリを利用する多くの開発者には気付かれないかもしれない。そのような場合や、古いアプリケーションを移植する場合、開発者はJakarta EEを理解するアプリケーションサーバまたはサーブレットコンテナを使用し、それらの依存関係が各プロジェクトに対して新しいグループとアーティファクトIDを確実に使用されることに注力するであろう。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。