BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoft Quantum Development Kitがオープンソースに

Microsoft Quantum Development Kitがオープンソースに

ブックマーク

原文(投稿日:2019/07/24)へのリンク

Microsoftは最近、「開発者にとって量子コンピューティングとアルゴリズムの開発をより簡単でより透明性を持たせる」ために、Quantum Development Kit(QDK)をオープンソース化した。Microsoft QDKには、Q#コンパイラ、量子ライブラリ、量子シミュレータが含まれる。

Microsoftは、2017年末のIgniteカンファレンスでQuantum Development Kitを発表し、その後、プレビューとして開発者が利用できるようにした。SDK全体をリリースする前のステップとして、MicrosoftはGitHubでサンプルカタを公開し、開発者が量子言語であるQ#を理解し、Visual Studioを使って「従来の」F#コードおよびC#コードと統合する方法を理解できるようにした。

Q#は、そのコンパイラがコマンドラインツールとQ#言語サーバと共にオープンソースQDKの一部であり、量子ビット、量子演算子、およびその他の有用な量子の抽象で動作するように調整されたドメイン固有の言語である。Visual Studioで使用する場合、ブレークポイントを設定してコードにステップインするだけでなく、Microsoft量子シミュレータとシームレスに統合できる。

Q#コンパイラと言語サーバは両方とも.NET Coreをベースとしており、ビルド環境はPowerShellに依存している。PowerShellはGitHubでも入手できる。オープンソースQDKに含まれるQ#ライブラリには、Q#標準ライブラリの一部であるCanonと、量子化学とハミルトニアンシミュレーションの実装に使用されるChemistryが含まれる。

量子シミュレータは、Q# Runtime Componentsリポジトリの一部である。そのレポジトリには、Q#、コード生成、フルステートシミュレータなどのいくつかのシミュレータのソースとともに、プロジェクトテンプレートと単体テストのサポートも含まれている。

Microsoftは、まだ発表していないが、独自の量子プロセッサの開発にも取り組んでいる。Microsoftは、量子プロセッサを使用して、トポロジカル量子ビットの概念を探索する新しいアプローチを追求している。トポロジ量子ビットは、特定の場所に情報を保存しない。代わりに、情報は、文字列と同じように、量子ビットトポロジ構造内にグローバルに格納される。Microsoftによると、このアプローチの主な利点は、より効率的なエラー修正である。エラー修正は現在の量子プロセッサのスケーリングを制限する要因である。

Microsoft QDKのクイックスタートについては、公式のインストールガイドに従ってください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。