BT

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftがActive Directoryベースのサービスアクセス制御の一般供用を開始

MicrosoftがActive Directoryベースのサービスアクセス制御の一般供用を開始

ブックマーク

原文(投稿日:2019/09/10)へのリンク

Microsoftは先頃の声明で、Azure Active Directory(AD)ベースのService Busアクセス制御の一般供用を開始すると発表した。これにより、ユーザIDとRBAC(Role Based Access Control)を組み合わせて、サービスのエンドポイントを認証するオプションが利用可能になる。この目的で使用するRBACロールも同時に導入しており、付与するアクセス許可をきめ細かく制御することができる。

従来のAzure Service Busにおける認証の優先オプションは、トークン発行者とService Bus双方に既知の対称キーである共有アクセス署名を使用して、キュー、トピック、サブスクリプションへのアクセスを提供する方法だった。結果として、開発者がこれらをアプリケーション内に直接実装することになるため、多くの場合において、ソースコードや構成ファイルにトークンがハードコーディングされていた。もうひとつのオプションは、トークンを発行するセキュリティトークンサービス(STS)を用意して、Active Directory認証を使ってSTSに対してアプリケーションを認証する方法だった。しかし、この方法では、アプリケーションの構造が複雑になると同時に、そのためのコンポーネントを開発し、メンテナンスする必要があった。それらに代わってAzure AD機能を導入することで、Active Directoryのユーザやグループだけでなく、サービスプリンシパルあるいはManaged Service Identity(MSI)もIDとして使用可能になる。MSIを実装することで、ADがアプリケーションまたはサービスのIDを生成して、Key VaultやAzure Storage、そして今回のService Busなど、サポート対象のサービスに対する認証に使用するようになる。特筆すべきは、これら機能の追加によって、認証の実装に資格情報やトークンが不要になったことだ。これについては、Azure MVPのJoonas Westlin氏が、いくつかのメリットがあることを説明している。

来年になれば、これらの機能を有効にするサービスがさらに増えることは間違いありません。それによって、アプリ内のどこにも資格情報が保存されない状態に、さらに近づくことになります。資格情報を管理したり、保護したりする必要はありません。

さらに、Active Directory機能を組み込むことによって、クライアントは、認証の実行に使用するデバイスや場所などでIDを制限する条件付きアクセスの使用など、サービスが提供する特別な機能を使用できるようになる。認証を求めるクライアントがAzure ADに対してアクセストークンを要求し、それがService Busエンティティに送信される要求に含めて渡される。より明確には、これがIDのRBACロールに応じて、データ送受信などの特定の権限を決定する。この方法により、Azureサブスクリプション全体から特定のService Busエンティティに至るまで、さまざまなスコープでこれらの特権を付与することができる。詳細はドキュメントに説明されている。

  • キュー、トピック、あるいはサブスクリプション — ロールの割り当ては、特定のService Busエンティティに適用される。現時点でのAzureポータルは、ユーザー/グループ/管理対象IDのService Bus RBACロールへの割り当てを、サブスクリプションレベルではサポートしていない。
  • Service Bus名前空間 — ロールの割り当ては、名前空間の下のService Busのトポロジ全体と、それに関連付けられたコンシューマグループに及ぶ。
  • リソースグループ — ロールの割り当ては、リソースグループ下のすべてのService Busリソースに適用される。
  • サブスクリプション — ロールの割り当ては、サブスクリプション内のすべてのリソースグループ下の、すべてのService Busリソースに適用される。

リソースへのロールの割り当ては、Azure PowerShell、Azure CLI、Azure Resource Managerテンプレートのいずれかを使用すれば可能である。アタッチ後から設定が反映されるまでは、最大で5分かかる場合がある。それば終われば、クライアントアプリケーションは、そのIDを使用してリソースに対する認証を行うことが可能になる。

出典: https://docs.microsoft.com/en-us/azure/service-bus-messaging/service-bus-managed-service-identity

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。