BT

InfoQ ホームページ ニュース JetBrainsがAWS Toolkit for Riderをリリース

JetBrainsがAWS Toolkit for Riderをリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2019/12/21)へのリンク

今月初め、JetBrainsがAWS ToolkitのRiderバージョンをリリースした。Amazon Web Serviceプラットフォームでサーバレスアプリケーションの開発、テスト、デプロイを行う開発者の支援を目的としたIDEプラグインである。今回のリリースには(WebStorm内の)Node.JSのサポートとともに、IntelliJ IDEAを使用するJava開発者とPyCharmを使用するPython開発者用に3月から提供開始されている、最初のバージョンからのアップデートが含まれている。

新リリースには、Riderを使用するC#開発者のサポートが新たに加わり、AWS Lambdaアプリケーション用の.NET Coreプロジェクトテンプレートなど複数のヘルパ機能が追加されている。

注目される機能としては、ECSにデプロイされたLinuxコンテナ上の.NET Coreアプリケーションのデバッグを可能にする、Cloud Debugging機能などもある。AmazonとJetBrfainの提携によって開発されたもので、現時点ではベータ版としての提供である。

AWS Explorerという、AWS Toolkit for Visual Studioと同じような表示を行うビジュアルツールも含まれていて、AWS Lambda関数と関連リソース(デプロイするアーティファクトを保持するS3バケットの生成など)のデプロイや管理を行うことができる。AWSデータベース(RDS、Aurora、RedShiftなど)のサポートは、Riderに統合されたJetBrainsのマルチデータベースツール(DataGrip)によって行う。

他の新機能としては、AWS Lambdaをtemplate.yamlファイルから直接デプロイする機能や、C#ファイルまたはCloudFormation構成ファイルから直接Lambdaハンドラを起動してデバッグする側溝アイコン(gutter icons)などがある。

RidersでAWS Toolkitを使用するには、AmazonのAWS CLIツールとAWS SAM CLIツールをインストールする必要がある(CLIツールに必要なパーミッショが正しく設定されたAWSアカウントも必要だ)。Lambdaをローカルで実行するためには、Dockerも必要になる。プラグインを動作させるために(アプリケーションのターゲットが.NET Core 3.0であっても)、.NET Core 2.0または.21のインストールも必要だ。

JetBrainsのAWS Toolkitはこちらから、IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、WebStrom用のものをダウンロードすることができる。Riderでプラグインを使用するための完全なチュートリアルはこちら、Cloud Debugging機能の詳細はこちらに公開されている。プラグイン自体はGitHubで、オープンソースとして公開されている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。