BT

InfoQ ホームページ ニュース COVID-19下でメンタルヘルスと健康をケアする

COVID-19下でメンタルヘルスと健康をケアする

ブックマーク

原文(投稿日:2020/03/31)へのリンク

COVID-19のような世界を覆う危機の時、不安、恐怖、悲しみ、怒り、フラストレーションを感じるのは普通のことであり、私たちは自分自身に優しくして、これらの感情を小さくしたり否定したりすることなく、受け入れる必要がある。ストレスを克服するためにできることはある。共感的な反応は、私たちが直面しているストレスに積極的に対処するための一つの方法だ。

Container Solutionsの主任心理学者であるHelen Bartimote氏は同社のブログでCOVID-19の流行の中でメンタルヘルスと健康のケアをすることについて書いている。この記事で氏は、不安と恐怖が自然な反応であることを受け入れることが重要であり、私たちはこのような感情をひとりで経験しているのではない、と指摘している。このような気持ちを否定せずに、制御できることに注力し、共感的な反応の価値を探るように助言している。他人を助けようと手を差し伸べることは、コミュニティにとっても、自分自身のメンタルヘルスにとっても良いことだ。

氏は、現在の状況が予測不能で、新奇で曖昧であり、心配と究極的な不安を生み出すあらゆる要素であると指摘している。そして、これは完全に正常なことだ。氏は長いゲームをプレイするように助言している。つまり、自分自身に調整する時間を与え、自分を取り巻く環境に適応する。状況を否定し無視することは燃え尽き症候群につながることがある。

共感的な反応について氏は次のように書いている。

あなたの力になりたい、何か支援できることはありませんか。自分のコミュニティに何ができるだろう。この状況でXさんはどう感じているだろう。 = 共感的応答(Empathetic Responding)、これは一般的にコミュニティにとって最も効果があるとされ、また危機的状況にある個人自身の心理的な健康さにも効果があるとされています。

他の組織もこの状況下でのメンタルヘルスについての助言を発表している。例えば、NatureDesiree Dickerson博士COVID-19流行下でのメンタルヘルスの健康を管理するための7つのヒントと題した記事を掲載している。博士は次のようにアドバイスしている。

  • 期待を管理する。
  • 積極的にストレスの閾値を管理する。
  • 自分の危険信号を知る。
  • ルーチンは友達である。
  • 自分にも他人にも思いやりを持つ。
  • 繋がりを維持する。
  • 今に止まることで不確実性を管理する。

ニュージーランドメンタルヘルス財団はCOVID-19流行下でのメンタルヘルスと健康をケアするためのヒントを公開している。またインターナショナルSOS社はコロナウィルス流行下で自分自身のケアをする: 従業員のための心理学的アドバイスと題した記事を公開している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。