BT

InfoQ ホームページ ニュース AmazonがAWS Graviton2を搭載したEC2 M6gインスタンスの一般提供を発表

AmazonがAWS Graviton2を搭載したEC2 M6gインスタンスの一般提供を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/05/22)へのリンク

Amazonは最近、第6世代のAmazon Elastic Compute Cloud (EC2) 汎用インスタンス、M6gの一般提供を発表した。– ‘g’は、次世代のArmベースのチップである "Graviton2"の略称だ。パブリッククラウドベンダーとその買収会社であるAnnapurna Labs64ビットArm Neoverse N1コアを利用するこのチップを設計した。

Amazonは、2019年12月のre:Inventの中でGraviton2インスタンスを最初に発表した。これは、プロセッサーが以前のArmベースのインスタンス(A1)の7倍のパフォーマンスを提供し、Intelベースの汎用EC2インスタンスを大幅に改善すると主張している。さらに、プロセッサはメモリが256ビット暗号化で保護されているため、より安全である。インスタンスは、基盤となるハードウェアを抽象化するAmazonのNitro仮想化レイヤーによって実現される。

出典 https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-m6g-ec2-instances-powered-by-arm-based-aws-graviton2/

現在、M6gインスタンスは、1、2、4、8、16、32、48、および64 vCPUを備えた8つのサイズで、またはベアメタルインスタンスとして利用できる。さらに、リザーブドインスタンスとして、スポットインスタンスとして、または節約プランの一部として、オンデマンドで購入でき、どのインスタンス構成でも、最大256 GiBのメモリ、25 Gbpsのネットワークパフォーマンス、および19 GbpsのEBS帯域幅をサポートする

AWS CEOのAndy Jassy氏はツイートで述べた

Graviton2プロセッサーを活用し、最新のx86インスタンスよりも最大40%優れた価格パフォーマンスを提供する新しいArmベースの#AWS EC2 M6gインスタンスをお客様に提供することに興奮しています。お客様にとって大きなことです。

M6gインスタンスの可用性により、お客様はワークロードにEC2インスタンスを選択する際の選択肢が増える。AWSのテクニカルエバンジェリストであるSébastien Stormacq氏は、M6gインスタンスに関するブログ投稿で次のように述べている。

M6gインスタンスは、アプリケーションサーバー、ゲームサーバー、中規模データベース、キャッシングフリート、Web層などのワークロードに適しています。

また、2nd Sight LabのCEOであるTeri Radichel氏はツイートでこう述べている。

これらは非常に興味深いものです。最近、さまざまなインスタンスタイプを分析して、自分の侵入(#pentesting)テストワークロードに適したインスタンスタイプを見つけています。正しいタイプを選択すると、パフォーマンスが向上し、コストが削減されます。

EC2汎用M6gインスタンスは現在、米国東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ)、米国西部(オレゴン)、ヨーロッパ(アイルランド)、ヨーロッパ(フランクフルト)、およびアジア太平洋(東京)のAWSリージョンで利用可能だ - これらと他のインスタンスの価格設定の詳細は、価格設定ページで入手できる。さらに、Amazonは、コンピューティングに最適化されたC6gインスタンスとメモリに最適化されたR6gインスタンスを使用して、より多くのインスタンスをまもなく提供する。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。