BT

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftがBlazor WebAssembly 3.2.0 RCをリリース

MicrosoftがBlazor WebAssembly 3.2.0 RCをリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2020/04/30)へのリンク

今週初め、MicrosoftはBlazor WebAssembly 3.2 RCをリリースした。これはBlazor WebAssemblyで計画されている最後のプレビューリリースであるため、公式リリースで期待されているすべての機能が含まれている。実用版のリリースは5月の予定である。

Blazorは、C#とHTMLを使用したインタラクティブなWebアプリケーションを開発するための、ASP.NET Coreの新しいフレームワークである。Blazor WebAssemblyでは、WebAssemblyベースの.NETランタイムを使用した、クライアントのWebブラウザ上で動作する単一ページアプリケーションの開発が可能になる。クライアント側にあるため、プログレッシブWebアプリケーション(PWA)に関連するシナリオや、クライアントのリソースを使用したオフラインアプリケーションもサポートする。

Blazor WebAssembly 3.2の最初のプレビュー版は1月末にリリースされた。その後はタイトなスケジュールに沿ってプレビューリリースが行われ、5回目のプレビューは先週リリースされたばかりである。今回のリリースでは2つの機能が追加されている。そのひとつはカスタムブートリソースローディングで、必要なブートリソースをサーバから取得する方法をカスタマイズすることが可能になる。もうひとつの新機能は、APIリファレンス資料をBlazor WebAssemblyネームスペースにインクルードするものだ。

MicrosoftでASP.NETチームのプログラムマネージャを務めるDaniel Roth氏によると、これ以降、新たな機能が追加されることはないという。

今回のリリースには、間もなくリリースされるBlazor WebAssemblyでリリース予定のすべての機能と改良が含まれています。クライアント側アプリケーションのパフォーマンス向上を目的とした機能、Visual Studioとの統合性向上、Intellisenseドキュメントの更新など、過去5回のプレビューリリースのすべてを集約しました。現時点で、これ以上の大きな変更は予定されていません。

最終製品に近付いてはいるものの、Blazor WebAssemblyの公式リリース前に解決すべき問題はまだいくつか残っている。保留となっているすべてのイシューはGitHubの更新プロジェクトボードで確認することができる。現在のRC(Release Candidate)の実行には.NET Code SDL 3.1.201以降が必要である。さらにMicrosoftは、Visual Studio 2019 1.6の最新プレビューをインストールするように推奨している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。