BT

InfoQ ホームページ ニュース AWS Amazon RDS Proxyの一般提供を発表

AWS Amazon RDS Proxyの一般提供を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/07/15)へのリンク

Amazon RDS Proxyは、Amazon RDSおよびAuroraで実行されるMySQLおよびPostgreSQLデータベース用の新しいフルマネージの高可用性データベースプロキシである。このサービスは、データベース接続を高速でOpen/Closeするサーバレスアーキテクチャやその他のアプリケーションに合わせて調整されている。

re:Invent 2019の数日前に、AWSはMySQLのAmazon RDS Proxyのパブリックプレビューをリリースした。これは、アプリケーションとRDSまたはAmazon Aurora上のデータベースの間に位置するフルマネージドの高可用性データベースプロキシであった。7か月後、このサービスはPostgreSQLもサポートするようになり、一般に利用可能になる。

イメージ引用: https://aws.amazon.com/rds/proxy/

RDS Proxyを使用すると、アプリケーションはデータベースで確立された接続をプールして共有できる。これは、現在接続プールに依存しておらず、データベース接続を頻繁にOpen/Closeし、データベースのメモリと計算リソースを使い果たすサーバに役立つ。サーバレスアーキテクチャはリレーショナルデータベースをより効率的に使用し、プロキシはアプリケーションのスケーラビリティを向上させる。クラウドエコノミストであり、先週のAWSニュースレターの著者であるCorey Quinn氏は、「これにより、『10,000個のラムダ関数があなたのデータベースを死ぬほど抱きしめる』という問題を解決した」と述べている。

また、マネージドプロキシがインスタンス障害やデータベースフェイルオーバの場合のダウンタイムを短縮できる、より伝統的なデプロイメントにもメリットがある。アプリケーションからの接続を維持しながら、プライマリノードに障害が発生した場合に、RDS Proxyは自動的にスタンバイ・データベース・インスタンスに接続する。Anton Okmyanskiy氏とSteve Abraham氏は、Amazon Web Servicesの主任エンジニアと主任データアーキテクトであり、以下のデモンストレーションをした。

 RDS Proxyは、フェイルオーバ後のクライアント回復時間をAmazon Aurora MySQLの場合は最大79%、Amazon RDS for MySQLの場合は最大32%削減します (...) RDSプロキシはフェイルオーバを実行するためにDNS伝播に依存しないため、フェイルオーバを改善します。RDS Proxyは、Auroraクラスタクライアントのリーダとライターの移行の問題を解消します。Auroraデータベースクラスタ内の各データベースインスタンスをアクティブに監視して、クライアントに代わってフェイルオーバ中に迅速に動作します。 

新しいプロキシは、コンソールまたはAWSコマンドラインインターフェイスを使用して、数ステップで作成できる。

aws rds create-db-proxy \

    --db-proxy-name channy-proxy \

    --role-arn iam_role \

    --engine-family { MYSQL|POSTGRESQL } \

    --vpc-subnet-ids space_separated_list \

    [--vpc-security-group-ids space_separated_list] \

    [--auth ProxyAuthenticationConfig_JSON_string] \

    [--require-tls | --no-require-tls] \

    [--idle-client-timeout value] \

    [--debug-logging | --no-debug-logging] \

    [--tags comma_separated_list]

コード引用: https://aws.amazon.com/blogs/aws/amazon-rds-proxy-now-generally-available

RDS Proxyの料金体系には、インスタンスクラスや他の構成に関係なく、基盤となるデータベースインスタンスのvCPUごとの1時間あたりの固定金額という1つのディメンションしかない。プロキシの背後で実行されるインスタンスが大きいほど、価格が高くなる。

ただし、AWSが指摘するように、広く採用されるのを妨げる可能性のあるいくつかの制限がある。RDS Proxyは、ホストの置換、名前の変更、インスタンスの拡大または縮小など、データベースインスタンスのセットに対する変更を追跡しない。つまり、インスタンスの垂直スケーリング中のダウンタイムを削減するために使用することはできず、デプロイの弾力性が低下する可能性がある。さらに、プロキシはまだMySQL 8.0では使用できず、Amazon VPC内でのみ機能する。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。