BT

InfoQ ホームページ ニュース MicrosoftがAzure Stack Hubをアップデート、新たな管理機能やコンテナサポートなどを導入

MicrosoftがAzure Stack Hubをアップデート、新たな管理機能やコンテナサポートなどを導入

ブックマーク

原文(投稿日:2020/06/02)へのリンク

今年はネットワーク開催されたBuildカンファレンスの中で、Microsoftは、同社のプライベートおよびハイブリッドコンピューティングサービスであるAzure Stack HubKに関する いくつかのアップデートを発表した。同社はAzure Stack Hubに、Azure Kubernetes Service(AKS) Resource ProviderFleet Managerなどの重要な機能を多数、プライベートプレビューに追加する予定である。

以前Azure Stackという名称であったAzure Stack Hubは、Microsoftが提供するハイブリッドクラウドサービスのひとつで、アプリケーションのオンプレミス環境での実行や、データセンタへのAzureサービスの提供を可能にする、Azureプラットフォームの拡張機能である。現在はコンテナのサポートなどの拡張に加えて、管理、運用、ハードウェア面での改善が続けられている。

出典: https://docs.microsoft.com/en-us/azure-stack/operator/compare-azure-azure-stack

AKSリソースプロバイダを使えば、Azure Stack Hub上にKubernetesクラスタを簡単に構築し、管理することができる。これはAzure内でのKubernetesクラスタのデプロイと管理に使用されているリソースプロバイダと同じなので、提供されるエクスペリエンス、CLI、APIも同じものだ。リソースプロバイダに続いて、プライベートプレビューではAzure Container Registry(ACR)も提供されており、Azure Stack Hub上にセキュアでプライベートなコンテナレジストリの構築が可能になっている。

Microsoft Azure MVPのDino Bordonaro氏は、次のようにツイートしている。

私の顧客であるKnowledgeparkは、自社の#K8Sに加えて、#Docker上のマイクロサービスも#AzureStackHubに移行しました。医療向けの#FHIRメッセージング標準を実装して、FHIRアズ・ア・サービスを病院やクリニックに提供しています。リフトし、シフトして、次はトランスフォームです。

管理や運用に関してプライベートプレビューに新たに加えられた機能としては、この他にFleet Management(フリート管理)がある。すべてのAzureとAzure Stack Hubのデプロイメントを対象に、統一されたビューと管理メソッドを提供するものだ。また、管理者は、警告の確認と、Azure Stack Hubフリート全体を対象としたソフトウェア・アップデートのロールアウトなどのアクションを、単一のペインで行うことができる。さらに、以前はCloudForms for Azure Stack Hubという名称であったManagedIQ — 現在パブリックプレビュー中 — により、Azure Stack Hub上のリソースを、RedHatのテクニカルツールを使って管理することも可能になる。

Azure MVPでDellのシニアプリンシパルAzure StackスペシャリストのKenny Lowe氏は、InfoQに次のように語っている。

BuildでのAzure Stackl Hubに関する発表には、コアに関する増分的かつ必要な機能追加や拡張が含まれています — 複数のAzure Stack Hub環境を単一インターフェースで管理および監視の可能なFleet Managementなどはその一例です。その他の発表の中で、特にAKS on Azure Stack Hubは、ユーザの使用方法や、さらに重要なものとして、Microsoftによるカスタマへの価値提供にどのような貢献をするかという意味から、プロダクトに深い影響を与えます。 

さらに氏は言う。

Azure Stack Hub上で完全なマネージドPaaSサービスとしてAKSを提供することには、ユーザにとって、自分たちのコンテナワークロードをAzure内で一貫して運用できるという以上の意味があります。私の意見として、MicrosoftがPaaS以上のサービスをAzure Stack Hubで提供する上で、その基盤となるプラットフォームを提供するものであり、ユーザが自身のワークロードを実行するだけでなく、Microsoftが新たな価値をAzure Stack Hubユーザに届けるための価値実現時間を大幅に短縮するものだ、と思っています。完全マネージドで一貫性のあるAzureのKubernetes環境のパワーと、Azure Resource Managerのパワーが相まって、それがすべてオンプレミスで動作するというのは、活用できることが非常にエキサイティングです。 

ただし、現時点のAzure Stack Hubは、Azureプラットフォームの全機能を搭載してはいない。Black MarbleのCCOでMizrosoft Azure MVPのRik Hepworth氏が、自身の経験について語っている。 

私たちが参画しているAzure Stackのプロジェクトは、それなしでは提供できそうもない複雑なものです。Azureを使った共有開発モデルでは、私たちがスキルアップするための時間を必要とせず、ユーザにすぐに価値を提供することができます。ただし、ハイブリッドプロジェクトに着手する場合に注意しておかなければならないのは、APIやSDKサポートの点では、Azure StackはパブリックAzureより遅れているということです。

最後に、Azure Stack Hubは、MicrosoftのハイブリッドクラウドサービスであるAzure ArcAzure Stack Edgeとともに、2019年11月のIgniteで明らかにされた同社のHybrid 2.0戦略を形成するサービスであり、AmazonのAWS OutpostGoogleのAnthosといった競合サービスに対する同社の回答である。

Lowe氏はマーケットにおけるハイブリッドクラウドソリューションについて、InfoQに次のように語っている。

Mircosoftが市場を先導しているという面において、これは非常に興味深い分野です。Azure Stack Hubがこの市場で一般提供されてから約3年が経ちます。直接的な競合会社は、これよりも長いにも関わらず、運用面や機能面での完成度が高まっていないのです。最も問題なのは、AnthosもOutpostsも、そのコントロールプレーンが相変わらずGoogle CloudやAWS内に留まっていることです。これに対してAzure Stack Hubでは、Hub自体の中にコントロールプレーンがあります。これにより、例えばインターネットから完全分離されたソリューションや、空間的に隔離されたソリューションといった、他では実現不能な多くのハイブリッド機能が、Azure Stack Hubの大きなアドバンテージになっているのです。 

さらに、次のようにも述べている。

この市場は若く成熟過程にあるので、ビッグ3がしのぎを削る状況が続いています。今後も新たなハイブリッド機能がローンチされ続けることでしょうから、ユーザにとっては望ましいことです。ハイブリッドの分野は、現在のIT産業において非常にエキサイティングな開発現場になっています。ハイブリッドの覇権に向けた軍拡競争は、まだ始まったばかりなのです。Azure Stack HubはMicrosoftにとって基盤および中核となる強固なソリューションを提供するものであり、それがそのハイブリッドファミリとともに進化を続けることにより、私たちの顧客にどのような新しいシナリオや能力を見せてくれるのか、楽しみ以外に何もありません。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。