BT

InfoQ ホームページ ニュース Amazon API GatewayのHTTP APIの一般提供開始

Amazon API GatewayのHTTP APIの一般提供開始

ブックマーク

原文(投稿日:2020/03/21)へのリンク

Amazonは先頃、AWSのAPI GatewayでのHTTP APIの一般提供(GA)を発表した。パブリッククラウドプロバイダーは、HTTP APIを使用して、REST APIのコア機能を低価格で提供し、待ち時間のオーバーヘッドを削減し、使いやすさを実現する。

AWS re:Invent 2019でベータ版が発表されたAPI Gatewayの新しいフレーバーであるAmazon API GatewayのHTTP APIは、2019年の初めに顧客のフィードバックとAPI Gatewayチームの評価に基づいて、サービスをさらに進化させるために投資された。ベータ版には、JWTオーソライザー、自動デプロイステージ、ルート統合の簡素化などの機能がある。現在、Amazon APIのHTTP APIは一般提供されており、AWS ALBの新しいサポートやAWS CloudMapに登録されているIPベースのサービスなど、プライベートAWS Elastic Load Balancer(ELB)にリクエストをルーティングする機能などの追加機能が含まれている。

HTTP APIを使用すると、API Gatewayから利用可能なREST APIと比較して、最大71%のコスト削減と60%の遅延削減を提供する高性能RESTful APIを構築できる。AWSのシニアデベロッパー支持者であるEric Johnson氏は、GAリリースに関するブログ投稿で次のように述べている:

新しいテクノロジーが利用可能になり、API Gatewayを約5年間実行する専門知識を活用して、より効率的に実行するHTTP APIを構築しました。

効率性に加えて、HTTP APIは、ユーザーにさらに直感的なエクスペリエンスを提供する新しいユーザーインターフェイスも受け取る。たとえば、クロスオリジンリソーススクリプティング(CORS)を構成する場合、HTTP APIはすべての設定を指定するシンプルなUIを提供する。

出典: https://aws.amazon.com/blogs/compute/building-better-apis-http-apis-now-generally-available/

HTTP API GAリリースの他の新機能により、ユーザーは次のことができるようになる:

  • Amazon VPCで保護されたリソースと統合する
  • REST APIとHTTP API全体でカスタムドメインを共有する
  • ステージとルートレベルで細かい調整を行う
  • ステージ変数を使用して動的データをバックエンド統合に渡す、または統合自体を定義する

さらに、HTTP APIは、Lambda関数統合のための更新されたイベントペイロード(バージョン2.0)と応答フォーマット、およびSwaggerまたはOpenAPI構成ファイルのインポートをサポートする。

VMwareのスタッフエンジニアであるMichael Gasch氏がツイートで述べた:

2020年にAWSが破壊する次のセグメント - 時間の経過とともにHTTP APIがAWSでHTTP/REST APIを構築するための事実上の標準になる、つまり、AWSゲートウェイの限定バージョンではない。

最後に、HTTP APIは、API Gatewayが利用可能なすべてのリージョンで利用できる。さらに、料金の詳細は、HTTP APIセクションの料金ページで確認できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。