BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoft Azure Well-Architected Framework発表

Microsoft Azure Well-Architected Framework発表

ブックマーク

Microsoftは先頃のブログ投稿で、Azure Well-Architected Frameworkを紹介した。これは、優れた設計のソリューションを構築およびデリバリーするのに役立つ一連のAzureアーキテクチャのベストプラクティスを顧客に提供する。

Microsoft Well-Architected Frameworkは、アーキテクチャのベストプラクティスの5つの柱で構成されている。コスト管理、優れた運用性、パフォーマンス効率、信頼性、セキュリティである。それぞれ、Azureのベストプラクティスと特定のビジネスの優先順位に照らしてワークロードを最適化できるように支援することを目的としている。さらに、5つの柱に基づく評価を提供する、Well-Architected Assessment Reviewを活用できる。顧客が一連の質問を完了すると、選択した柱に基づいてスコアが提供され、一連の実用的な推奨事項が提示される。

Developer Relations、パートナーグループのPMマネージャー、Erin Rifkin氏はブログの投稿で次のように述べている:

すべての顧客は独自のクラウドジャーニーを歩んでいるため、Azure Well-Architected Review は、個々の企業のニーズに合わせて設計されています。各ワークロードを、そのワークロードに重要な柱のみに対して評価することができるため、ミッションクリティカルなワークロードを評価する際には、最初に信頼性、パフォーマンス効率、およびセキュリティを検討し、その後で他の柱を検討して、運用効率とコストフットプリントを改善することができます。

パブリッククラウドベンダーのAmazonとGoogleは、プラットフォームで顧客を評価およびガイドするための同様のフレームワークを提供している。AWS Well-Architected Frameworkは2015年10月から利用可能になり、そのセルフサービスレビューツールは数年後の2018年12月に利用可能になった。また、Googleは今年5月に顧客にGCPの製品とサービスに関するベストプラクティスと実装ガイダンスを提供する、Google Cloud's Architecture Frameworkを利用できるようになった。

Black MarbleのCCOでありMicrosoft Azure MVPであるRik Hepworth氏は、Microsoft Azure Well-Architected Frameworkに関してInfoQと意見を共有した:

このようなコンテンツは必須であり、見ていて気持ちがいい。多くの組織では、クラウドへのアプローチの検証に苦慮しており、チームメンバーは、明確なドキュメントを参照して、自分の立場をサポートおよび確認するために努力しています。

最後に、Build 2020でMicrosoftは、簡潔なコンテンツとガイダンスを使用してAzureでクラウドソリューションを設計する際に顧客をサポートするWell-Architected FrameworkのLearnプラットフォームに学習モジュールを導入した。さらに、Hepworth氏はInfoQにこう語った:

Microsoftのような組織にとって、認定プログラムが不可欠であるのと同様に、このプログラムを提供することは不可欠だと思います。Learnと連携しているという事実は、スキル開発、検証、認定を網羅した全体的なアプローチを提供していますが、これは技術者と彼らが働く組織にとっては良いことばかりです。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。