BT

InfoQ ホームページ ニュース Googleが仮想マシンの作成と復元を簡素化するマシンイメージを紹介

Googleが仮想マシンの作成と復元を簡素化するマシンイメージを紹介

ブックマーク

原文(投稿日:2020/03/18)へのリンク

最近のブログ投稿で、Googleはマシンイメージを発表した。これは、ユーザが完全な仮想マシン(複数のディスクを含む)を作成、バックアップ、復元するために必要なすべての情報を含む新しいタイプのCompute Engineリソースであり、環境の管理に必要な時間を短縮してくれる。Compute Engineの機能は現在ベータ版であり、SLAまたは非推奨ポリシーの対象ではない。

アナウンスブログの投稿によると、マシンイメージは、マシンバックアップとゴールデンマシンイメージの作成という2つの目的に使用できる。マシンイメージ機能を使用してバックアップを作成する場合、ディスクを保存するだけでなく、マシンタイプ、ネットワークタグ、ラベルなどの他の情報も保存する。以前の「カスタムイメージ」機能では、前者はすでに可能であった。しかし、マシンイメージは複数のディスクにまたがることがあり、個々のマシンのインスタンスプロパティ、インスタンスメタデータ、および関連する権限を含む。

Google Compute EngineプロダクトマネージャーのAri Liberman氏は、アナウンスブログの投稿で次のように述べている。

マシンイメージは、完全なインスタンスプロパティとデータを保存するだけでなく、増分スナップショットを強化する同じ差分ディスクバックアップテクノロジーを使用して、高速で信頼性が高く、費用対効果の高いインスタンスバックアップを提供します。

さらに、マシンイメージは、特定の時点で接続されているすべてのディスク間でクラッシュ整合性を保証し、それによってユーザはマシンイメージの場所を指定できるようになる。

バックアップソリューションとして機能するだけでなく、ユーザはマシンイメージを利用して、特定の構成済みイメージをキャプチャし、ゴールデンマシンイメージとして保存できる。Googleは、システムの整合性を保つために、ゴールデンイメージを作成する前にインスタンスを停止することをお勧めしている。さらに、ゴールデンイメージを使用すると、ユーザは設定された方法で多くのインスタンスを起動したり、他のプロジェクトと共有したりできる。さらに、ユーザはマシンオーバーライド機能を使用して、イメージのインスタンスプロパティを調整できる。

ユーザは、Google Cloud Platform(GCP)コンソール、gcloud、またはAPIを通じてCompute Engineのマシンイメージ機能を使用できる。GCP Consoleを使用して、ユーザはマシンイメージオプションを選択し、マシンイメージの作成を選択し、VMインスタンスを選択し、場所と暗号化方法を指定できる。

ソース: https://cloud.google.com/blog/products/compute/compute-engine-gets-machine-images

価格情報を含むマシンイメージの詳細については、オンラインドキュメントをご覧ください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。