BT

InfoQ ホームページ ニュース 測定を使用したリモート作業の最適化

測定を使用したリモート作業の最適化

ブックマーク

原文(投稿日:2020/08/24)へのリンク

英国のソフトウェア会社HeadForwardsのアカウントマネージャーであるDave Longman氏が先頃、Working from Home and its Impact on Productivityというタイトルの記事を公開した。Longman氏は、ロックダウンでリモートで作業しているチームによるストーリーの流れを測定することにより、コロケーションへの伝統的な偏見に挑戦した。彼の調査結果は、ロックダウン前とロックダウン中の速度があまり似ていなかったことを示している。MITのスローンスクールオブマネジメントのMichael Schrage氏は、最近、遠隔地の組織が幅広いデータ主導の洞察を使用してパンデミックパフォーマンスを最適化している方法についても書いている

Schrage氏は、パンデミックの最中もパフォーマンスを維持しようとする組織にとって、測定の重要性について述べている。「従業員の従事と士気を監視するパルスサーベイは隔週から数日ごとに増加した」と書いた。Schrage氏は、効果的なマネージャーは「何を、誰が価値をうまく提供しているか」を追跡していると説明した。彼は書きました:

ストレスを感じ、分離し、少ない労力でより良い結果を出すように挑戦する場合、人々は彼らがどうやっているのかについてより深い洞察が必要です。生産性は今より積極的で実用的な対策を要求しています。

Longman氏は、Headforwardsは他のアジャイル組織と同様に、「チームのコラボレーションを最大限に活用するために」常にチームを共同で配置していたと書いている。彼は、「アジャイル企業が完全に異なる方法での作業を経験することは、まったくの変化になる」と書いている。強制的なロックダウンに続いて、彼は、「対面コミュニケーションの欠如」にもかかわらず、チームが効果を維持しているように見えることを確認した。Longman氏は、データに裏打ちされた説明の必要性を認めた:

チームは新しい作業慣行に順応しており、コミュニケーションは非常によく、私たちは少なくともロックダウン前と同じくらいデリバリーしていると感じました...しかし、それを証明できますか?生産性を測定するために必要なデータを使用して、それをパフォーマンスの継続的な指標として使用できますか?

CitrixのRemote Works Podcastは先頃、London Business SchoolとOxford UniversityのWellbeing Research Centreで博士研究員を務めるLaura Giurge氏にインタビューした。Giurge氏はパンデミックが「在宅勤務の大きな実験」を生み出したと説明した。彼女の調査結果は、生産性は従業員の生産量の影響ではなく、労働時間で測定されるという従来の仮定に挑戦していると説明しました。Giurge氏は、これには考え方の変更が必要であり、従来のマネージャーにとって特に困難であると説明した:

マネージャがオフィスで従業員に会うことに慣れているのに、あなた方がそうでない場合、それはマネージャにとって本当に厳しいことです。とても難しい。しかし、実験の考え方から始めて、新しい働き方を試し、効果を確認するためのより良い方法があることを理解すると、従業員がよりよく働き、より幸せになるでしょう。

Longman氏は、「2019年中に「平均記事数の計算」が完了し、これを2020年のデータとの比較として使用した」と述べた。彼は月ごとおよび四半期ごとの傾向を調査することにより、「両方の見解は、ロックダウン中に完了した作業は、予測されたボラティリティのレベル内であると示唆した」と書いている。Longman氏は、「差は非常に小さい」と述べ、他の既知のパターンに基づいてボラティリティを説明することができた。彼は、この迅速な報告がリモートワークの影響に自信を与えた方法について書いている:

...Power BIとバックログ管理システムに既に含まれているデータを使用して、2020年第2四半期の大きく異る作業形態がデリバリーに大きな影響を与えていないことを確信させるレポートをすばやく作成しました。

Schrage氏は、「影響力のある指標」と「効果的な指標」の両方を利用する「パンデミック後のダッシュボード」の登場について書いている。彼は、組織がますます「モラルの監視と測定」だけでなく、「具体的な数値」を使用する他のパフォーマンス指標を増加させていると書いている。Schrage氏は、「主要業績評価指標の再調整」は「リモート作業が実際に機能することを保証するために不可欠」であると書いている。彼はこのデータをすべての人に視覚的に表示することの重要性を説明した:

つまり、大手企業は、データ駆動型のダッシュボードを刷新して、人々やプロジェクトチームの意欲を高め、前向きな成果を促進する必要があります。彼らは自動的にそれらの高性能基準をキャプチャして分析し、明示的に伝達する必要があります。最も重要なポイント: 高性能管理は高性能測定に依存します。

Schrage氏は、「Adobeのシニアグローバルリサーチプロジェクトマネージャ」が「パーソナライズされた1日のダッシュボード」をチームとどのように共有したかを説明した。これには、「彼がどのように時間を費やしたか、連絡した相手、送受信されたメッセージ、交換されたドキュメント、予定されたアポイントメント、作成されたコミットメント、およびTODOリスト」に関するメトリックと視覚化が含まれていた。Schrage氏は、この「ダッシュボードの透明性」には「これまでになかった機能横断的なやり取りが刺激された」と述べた。

Giurge氏は、効果的な時間管理の使用に対する尊敬がパンデミックによっていかに成熟したかを説明した。彼女は、「たくさんの仮想チャット、ミーティング、オンラインで集まる傾向があった」とコメントした。Giurge氏は、これは「結果として従業員の負担が大きくなり、従業員の健康を損なう」と説明した。InfoQは先頃、初期のパンデミックの間にリモート会議疲労の存在を明らかにしたMicrosoft Researchの調査について報告した。Giruge氏は、リモートワーカが日々を最も効果的に構成する方法を「意図的に」することでこれに対処し始めていると説明した。彼女はこれを「プロタイム」または「プロアクティブタイム」を生み出すと説明している。

Longman氏は、「オフィスでの共同作業によるメリット」を失うことなく、永続的な「リモートでの作業オプション」を実現したいというHeadforwardの要望を書いている。彼は「両方のそれぞれの利点に基づいて構築された、作業環境の混合」を提案する。同様に、Giruge氏は、オフィスの主要な価値が人々を「つなぐ」ことにあることを認識する必要性について話した。彼女は言った:

リモート作業をオフィスにいなくても、オフィス作業と考えようとすると、リモート作業のメリットを本当に逃してしまいます。私たちは、オフィスの価値を同僚とつながるためのスペースと見なすことができます。あなたが深い仕事または「プロタイム」の仕事をする場所として、リモートでの仕事を考えてください。

Scharge氏は、現在の風土におけるデリバリーのすべての側面に対して、測定可能でデータ主導のアプローチを継続することの重要性について書いている:

インストルメント化されたワークフローをKPIと関連付けてつなぐことにより、組織は「COVID-19からのリモート」に起因するバグを高性能対応機能に変えることができます。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。