BT

InfoQ ホームページ ニュース Rancher Labs、Kubernetes "Everywhere"を語る

Rancher Labs、Kubernetes "Everywhere"を語る

ブックマーク

原文(投稿日:2020/07/16)へのリンク

先日、InfoQのPodCastで、Rancher Labsの共同創設者兼社長のShannon Williams氏と、同じく共同創設者でCTOのDarren Shepherd氏が、組織全体におけるハイブリッドクラウドの採用について論じた。その他にも、可搬性とクラウド間セキュリティのための重要な抽象化としてのKuberneterの進化、エッジにおける数千規模のKubernetesクラスタの運用、オープン標準の意義、といった話題が取り上げられた。

Rancherチームの議論は、あらゆる規模の組織でハイブリッドクラウドが採用され始めている、という話題から始まった。コンテナを使ってアプリケーションをパッケージ化し、クラウド間で運用するという手法は、過去5年間で広く採用されるようになった。コンテナとKubernetesは今や、データセンタ、エッジ、組み込みシステムなど、ありとあらゆる場所に存在している。

コンテナとKubernetesがどこにでもある存在になった今、"ハイブリッドクラウド"[という言葉]が、何かひどく簡単なものに考えられているのではないかと思います。データセンタにもKubernetes、エッジにもKubernetes、クラウドにもKubernetes、組み込みシステムにもKubernetes、デバイスにもKubernetes、というように、ソフトウェアを実行できるということと、Kubernetesとコンテナを実行する方法について語ることが、ほぼ同義になっているのです。

その中で注目されるのは、企業における2つのユースケースだ。すなわち、ベンダやクラウドプラットフォーム間の可搬性を向上させる手段としての、標準化された抽象化とAPIの提供であり、(クラウドを越えた)セキュリティソリューションの構築と実装に対する、フレームワークと均質的な基盤の提供である。特に企業プラットフォームというコンテキストにおいては、Rancherのように、セキュリティの問題がKubernetes採用の原動力となっている。

セキュリティの話題が何度も何度も論じられるのは、数が多く、種類もさまざまなプラットフォームをセキュアにすることが極めて困難であるからです。機能も、フットプリントも、OSも違いますし、クラウドのネットワークへのアプローチも違います。Kubernetesのようなもので事実上の標準化ができれば、セキュリティポリシを実践する難易度は劇的に軽減されるのです。

オープン標準は相互運用性を支援し、イノベーションを加速する。そしてRancherチームは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)がオープンクラウドテクノロジに相応しい場所だと考えている(Williams氏はCNCF Technical Oversight Committeeのメンバである)。Rancherチームは、同社のクラウドネイティブなKubernetes用分散ストレージプラットフォームであり、先日GAが発表されたLonghornを、CNCFに寄贈している。

Rancherチームはさらに、同社が開発したKubernetesの軽量ディストリビューションであるk3sも、サンドボックスプロジェクトの一環としてCNCFに提供している。これら軽量ディストリビューションの完成によって、"数千の"スタンドアロンKubernetesがエッジロケーションに展開されるようになったのだ。Rancherは先日、Kubernetesクラスタの大規模集団("fleet")の管理に着目したオープンソースプロジェクトのFleetを新たにリリースした。

Kubernetes Federationという[管理]アプローチがすでにありますが、Fleetはそれとは違うアプローチを採用しています。[...] Kubernetes Federationの基本的な考え方は、一連のクラスタをひとつのクラスタのように見せるにはどうすればよいのか、というものです。つまり、すべてを統合する単一のクラスタを管理する手段、というようなものなのです。Fleetはまったく違うパラダイムを採用しています。最も率直な言い方をすれば、構成管理に近いのです。

議論の最後にWilliams氏とShepherd氏は、Kubernetesのエンドユーザの多くが単に求めているのはプラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)的なエクスペリエンスだが、これはフレームワークそのままでは提供されないものだ、という結論に達している。その上で両氏は、今後12ヶ月の間に、Kubernetesエコシステムの単純化がコミュニティの注目を集めるようになるだろう、と予測する。

"“Rancher on Hybrid Cloud, Kubernetes at the Edge, and Open Standards"の音声、重要点、全文章はInfoQで公開されている。このPodCastはSUSEによるRancher Labs買収の最終的同意の発表より前に収録されたものだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。