BT

InfoQ ホームページ ニュース AWSがより高い耐久性とIOPS/GiBを備えた新しいEBSボリュームio2を発表

AWSがより高い耐久性とIOPS/GiBを備えた新しいEBSボリュームio2を発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/09/13)へのリンク

AWSは先頃、99.999%の耐久性と、ストレージのGiBごとに最大500 IOPSをプロビジョニングする機能を提供する、高性能データベースとワークロード用の新しいプロビジョニングされたIOPSボリュームタイプ (io2) を導入した。

AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏は、主な新しいEBSボリュームタイプの利点について説明する:

io2ボリュームは、99.999%の耐久性を提供するように設計されており、コモディティディスクドライブよりも2000倍信頼性が高く、ストレージボリュームの障害の可能性をさらに減らし、アプリケーションの可用性を向上させるのに役立ちます。 (...) EBSボリュームからより高いパフォーマンスを得ることができ、必要なレベルのパフォーマンスを達成するために過去に行ったかもしれないオーバープロビジョニングを削減または完全に排除できます。

現在、AWSで利用できるEBSストレージにはパフォーマンス特性と価格が異なる6種類があり、io2は4年以上ぶりにストレージへのIOPSが増加している。新しいEBSボリュームは16のリージョンで利用可能であり、前世代のio1ボリュームと比較して100倍高い耐久性と10倍高いIOPS/GiBを提供する。

既存のプロビジョニングされたIOPSボリュームと比較して、1つの重要な制限がある。新しいio2ボリュームはマルチアタッチをサポートしていない。これは、ボリュームを複数のEC2インスタンスにアタッチして、より高い可用性を実現する機能である。

Sentia GroupのAWSテクノロジーの責任者であるLuc van Donkersgoed氏は、さまざまなワークロードのio1ボリュームとio2ボリュームの詳細な比較を行い、新しいデプロイで新しいボリュームを利用することを提案している:

小さなボリュームでは、io1よりもio2の方が最大3.33%安くなります。io2タイプのリリース前のすべてのEBSボリュームの耐久性は、年間ベースで99.8〜99.9%です。これは、毎年、1.000ボリュームあたり1つまたは2つのドライブの障害に相当します。新しいio2ディスクタイプは99.999%の信頼性を備えています。つまり、100,000ボリュームごとに1つのボリュームが毎年故障し、io2ディスクの信頼性はエンタープライズレベルになります。 (...) io2のコスト削減と耐久性が向上するので、できるだけ早くio1ディスクの多くをio2に移行しない理由はありません。

AWSのVPであり著名なエンジニアであるNafea Bshara氏がコメントした:

とてもまれに見るテクノロジーレベルの飛躍です、特にエンタープライズグレードのストレージにおいて、 (...) AWSの顧客がオンプレミスのSANワークロードを移行し、耐久性、パフォーマンスを向上させ、コストを削減するのに役立ちます。

Amazonは、ディスクあたり100 IOPS/GiBおよび64K IOPSを提供する最初のクラウドプロバイダではない。Azureウルトラディスクは、300 IOPS/GiBのIOPS制限をサポートし、ディスクあたり最大160K IOPSである。Google Cloud SSD永続ディスクは、GiBあたり最大30の書き込みIOPSをサポートし、インスタンスあたり最大30Kの読み取りIOPSと最大100Kの書き込みIOPSをサポートする。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。