BT

InfoQ ホームページ ニュース Project Reunionを使用して、MicrosoftはWin32とUWP APIの統合を試みる

Project Reunionを使用して、MicrosoftはWin32とUWP APIの統合を試みる

ブックマーク

原文(投稿日:2020/05/22)へのリンク

Build 2020で、Microsoftは、複数のWindows 10バージョンおよびデバイス間でアプリ開発を統合することを目的としたProject Reunionを発表した。開発者がプレビュー版で利用できるProject Reunionの最初の3つのコンポーネントは、WinUI 3WebView2、およびMSIXMSIX-Core)である。

Project Reunionは、新規および既存のWin32およびUWPアプリ向けに統合プラットフォームを提供することにより、優れたWindowsアプリの構築が容易になります。既存のWin32およびUWP APIへのアクセスを統合し、NuGetなどのツールを介してOSから切り離して利用できるようになります。

次の図が示すように、MicrosoftはProject Reunionを使用して、既存のWin32およびUWP APIの上に新しいAPIを構築し、基盤となるOSから独立した共通のAPIレイヤを提供するよう取り組んでいる。Microsoftは、新しいAPIを、アプリと一緒にバンドルしてさまざまなWindowsバージョンで使用できる独立したパッケージとして配布する。

(Microsoftによる画像提供)

前述のように、最初のProject Reunionコンポーネントの1つは、Windowsアプリのグラフィカルユーザインターフェイスを構築するためのフレームワークであるWinUI 3である。

技術的には、WinUI 3はWindows 10のXAML、Composition、Inputレイヤを分離し、Windows 10 1803以降を対象とするすべてのアプリに対してNuGetを介して単独で提供できます。C++ベースと.NETベースの両方のアプリで使用できます。

Project Reunionパッケージは、既存のAPIを分離してパッケージを通じて利用できるようにするだけでなく、新しい機能を追加することもできる。その一例として、WinUI 3には、DirectXとのより良いインテグレーションを可能にする新しいSwapChainPanelコントロールと、新しいChromiumベースのWebView2コントロールが含まれている。

Project Reunionですでに利用できる、もう1つのコンポーネントは、Microsoftパッケージ形式のMSIXである。これは、Project Reunionパッケージ配布の基盤を提供する。MSIXで導入された新機能はMSIX App Attachである。これは、開発者がWindows仮想デスクトップで動作するアプリを簡単に作成できるようにすることを目的としている。

MSIX App Attach Previewは、組織がクラウドにデプロイするOSイメージを、ユーザがアクセスする必要のあるアプリから分離することにより、ユーザのエクスペリエンスを最適化します。

Microsoftによると、MSIX App Attachを使用するアプリは、デスクトップからAzureベースのWindows仮想デスクトップにシームレスに移植できる。

Microsoftの公式ロードマップによると、Project Reunionに対する取り組みは、複数年にわたって行われる。2020年に新しいコンポーネントがリリースされる予定はないが、Microsoftは今年の終わりまでにProject Reunionの包括的なプレビュー版を準備する予定である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。