BT

InfoQ ホームページ ニュース Android Studio 4.1が新しいデータベースインスペクター、統合エミュレーター、TensorFlow Liteバインディングを提供

Android Studio 4.1が新しいデータベースインスペクター、統合エミュレーター、TensorFlow Liteバインディングを提供

ブックマーク

原文(投稿日:2020/10/19)へのリンク

Android公式IDEの最新バージョンであるAndroid Studio 4.1は安定版である。新しいデータベースインスペクター、統合エミュレーター、より優れたTensorFlow Liteサポートの導入に加えて、Daggerとの統合を改善し、2,000を超えるバグを修正している。

おそらくAndroid Studio 4.1の最も注目すべき新機能は、TensorFlow Liteモデルのインポートのサポートである。これにより、モデルからバインディングクラスを自動的に生成して、その使用をシンプルにできる。現時点では、画像分類とスタイル転送モデルのみがサポートされているが、オブジェクト検出、画像セグメンテーション、テキスト分類がロードマップに含まれている。この新機能では、TensorFlowモデルにメタデータが必要となる。さらに、DataType.UINT8およびDataType.FLOAT32のタイプの入力データを持つモデルのみがサポートされる。

Android Studioデータベースインスペクターを使用すると、Jetpack Roomライブラリ、あるいはAndroidプラットフォームバージョンのSQLiteを使用する実行中のアプリのデータベースとテーブルを検査できる。データベース行に加えられた変更は、すぐにアプリのUIに反映される。ツールはカスタムSQLクエリをサポートする。

新しい統合Androidエミュレーターを使用する主なメリットは、エミュレーターウィンドウとエディターの間をすばやく移動し、画面領域をより有効に活用できることである。統合エミュレーターは、デバイスの回転やスナップショットの作成など、ほんの一握りの機能しか提供しないため、場合によってはスタンドアロンバージョンを使用する必要がある。エミュレータ自体は、5Gエミュレーションと折りたたみ式デバイスをサポートしている

最後に、外部ツールに関する注記として、Android Studio 4.1では、Daggerを使うことで依存性ナビゲーションのサポートを改善されている。Daggerは、依存性注入用の人気のあるライブラリであり、新しいガターアクションとFind Usagesサポートを通じて改善する。たとえば、メソッドに関連付けられているガターアクションアイコンをクリックして、その本体で使用されているタイプの定義にジャンプできる。

Android Studio 4.1ではシステムトレースが改善されている。この改善により、アプリがシステムリソースをどのように使用しているか、どのスレッドで使用しているかをリアルタイムで確認できる。また、特定のイベントのすべての発生に関する集計統計、スレッド状態の分布に関するデータなど、統計機能を拡張している。さらに、メモリプロファイラーには、Android 10以降を実行している物理デバイスにデプロイされたアプリ用のネイティブメモリプロファイラーが含まれた。これは、オブジェクトの割り当て/割り当て解除を追跡して、システムヒープの使用状況を追跡する。

Android Studio 4.1はこちらから入手できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。