BT

InfoQ ホームページ ニュース Anthosによるマルチクラウドのサポートが一般提供されることをGoogleが発表

Anthosによるマルチクラウドのサポートが一般提供されることをGoogleが発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/04/29)へのリンク

最近のブログ投稿で、GoogleはマルチクラウドのAthosサポートが一般向けに利用可能であることを発表したAnthosを使用すると、顧客は、オンプレミス、Google Cloud、その他のクラウド全体ですべての運用を統合できるようになる。AWSとMicrosoft Azureはプレビュー中である。さらに、マルチクラウドのGAに伴い、Anthosでは仮想マシン向けの管理サポートが改善された。そして、Migrate for Anthosの更新によってアプリケーションのモダン化がシンプルにできるようになった。

Google Anthosは、Google Kubernetes Engine(GKE)で実行されるハイブリッドクラウドおよびワークロード管理用のサービスであり、昨年4月からGAになっている。パブリッククラウドプロバイダーは、既存のオンプレミス環境とパブリッククラウドの両方で変更することなく、実行できるアプリケーションのホスティングできようにサービスを設計した。したがって、企業はそれぞれに最適なインフラストラクチャを選択できる。

Google Cloudの製品管理担当副社長であるJennifer Lin氏は、アナウンスブログの投稿に次のように書いている。

複雑さを増すことなく必要な場所でアプリケーションを実行できる柔軟性は、Anthosを選択する際の重要な要素です。多くの顧客は、オンプレミスと他のクラウドの両方で既存の投資を引き続き使用したいと考えており、共通の管理レイヤーを持つことで、チームは、低いオーバーヘッドで高品質のサービスを提供することができます。

また、Hacker Newsスレッドの回答者によると、現在のリリースであるこのサービスは、さまざまな環境でワークロードの柔軟性を提供する。

これは、Googleのマネージドkubernetesです。ただし、AWS、Azure、オンプレミスハードウェアは、アベイラビリティーゾーンとして表示され、ワークロードはそれらの間でシフトする可能性があります。

Anthosの現在のリリースでは、Googleは仮想マシンに対するより詳細なサポートにより、さまざまな環境の管理をより簡単にした。それによって、ユーザがAnthosの管理フレームワークを既存のシステムの大部分を構成するワークロードのタイプに拡張できるようになる。Lin氏によると、ユーザは従来のワークロードの中で最も複雑な2つの部分を管理できるようになった。

  • ポリシーと構成の管理 - Anthos Config Managementを使用すると、ユーザは、Google Cloudで実行されている仮想マシンのポリシーを管理できる。その方法は、ソフトウェアコンテナのポリシーをすでに管理しているものと同じである。
  • 異種デプロイメントでのサービス管理 – 今後数か月にわたって、Anthos Service Meshには仮想マシンで実行されるアプリケーションのサポートも含まれるようになる。そのため、ユーザはGoogle Cloud、オンプレミス、その他のクラウドのさまざまなワークロードにわたってセキュリティとポリシーを一貫して管理できる。


 
出典: https://cloud.google.com/anthos/docs/concepts/overview

最後に、マルチクラウドのサポートに加えて、Migrate to Anthosがアップデートされた。この自動コンテナ化ソリューションには拡張VMからコンテナへの変換機能が含まれるようになった。顧客がレガシーワークロードをKubernetesとAnthosに移行し、モダン化するのをサポートする。

パブリッククラウドベンダーは、新しいサービスに投資することで、ハイブリッドクラウドの領域でより積極的に活動している。たとえば、昨年のAnthosのGAに伴い、Microsoftは11月にAzure Arcのプレビュー版を発表した。これは、企業がAzureサービスと管理をAWSやGoogleCloudなどのインフラストラクチャに導入できるようにするサービスである。Arcは、エッジ、オンプレミス、およびマルチクラウドのソフトウェアとサービスの管理に重点を置いたMicrosoftのHybrid 2.0戦略の一部である。Microsoftは、Arcの他に、その戦略をサポートするAzure Stack HubEdgeを組み込んでいる。さらに、ハイブリッドクラウドに関するAmazonのサービスはAWS Outpostsである。このフルマネージドサービスは、AWSインフラストラクチャ、AWSサービス、API、およびツールを、事実上すべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミス施設に拡張するものである。

Constellation Research Inc.のアナリストであるHolger Mueller氏は、InfoQに次のように語っている。

AnthosのGA(今のところGoogle Cloud、AWS、オンプレミスの間で)は、CxOにとって素晴らしいニュースです。CxOはワークロードの移植性を獲得し、次世代アプリケーションの資産再利用をコード化できるようになります。起動時間の短縮、デプロイの選択肢の増加、テスト時間の短縮、商用の柔軟性、および次世代アプリケーションへのクラウドベンダーロックインの削減は大きなメリットです。

さらに、彼は述べている。

1年前のGoogle Nextからの大胆なビジョンをGoogleが実現しようとしていることはよいことです。Google Cloudとオンプレミスの今後の不備をサポートするだけでなく、ワークロードポータビリティを持たせて、ワークロードを競合他社のクラウドでもGoogleがサポートするソフトウェアインフラストラクチャで実行できるようになります。

Googleは、次のようないくつかの今後のアップデートでAnthosへの投資を継続する。

  • Athosをベアメタルサーバで実行できるようにする。これにより、データセンターやパブリッククラウド環境を超えたエッジでサービスを強化できる。
  • サードパーティのハイパーバイザーなしでサービスを実行する。これにより、パフォーマンスを向上させ、コストをさらに削減し、さらに別のベンダー関係の管理オーバーヘッドを排除できる。

Anthos on Google Cloudは、サブスクリプションと従量課金制の両方の価格設定オプションを提供する。後者は2020年7月1日から利用できる。価格設定の詳細については、価格ページをご覧ください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。