BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AmazonがAWS Snowball Edgeをより高速なハードウェア、OpsHub GUI、IAM、およびAWS Systems Managerにアップデート

AmazonがAWS Snowball Edgeをより高速なハードウェア、OpsHub GUI、IAM、およびAWS Systems Managerにアップデート

ブックマーク

原文(投稿日:2020/04/23)へのリンク

AWS Snowballは、エッジコンピューティングおよびデータ転送デバイスであるAWS Snow Familyの一部である。先頃、AmazonはSnowball Edgeデバイスオプションのいくつかのアップデートを発表した。AWS OpsHubのグラフィカルユーザインターフェイス25%高速なデータ転送パフォーマンスローカルのIdentity and Access Management (IAM) 、およびAWS Systems Managerのサポートが追加された。

Amazonは2015年に最初のAWS Snowballデバイスを発売し、企業がローカルサーバからAWSに大量のデータを移行できるようにした。企業はSnowballデバイスをリクエストし、最大50TBまでデータをロードしてから、最寄りのAWS施設に発送することができる。Snowball Edgeにも同様の機能があり、このデバイスは、船や工場などの環境でアプリケーションを実行するためのエッジコンピューティングプラットフォームとしても機能する。

AWS Snowball Edgeのアップデートの1つに、AWS OpsHubが含まれている。それは、顧客がSnowballデバイスを管理できる新しいグラフィカルユーザーインターフェイスである。WindowsまたはMacにダウンロードしてインストールすることで、ユーザはデバイスのロックを解除してデバイスを構成し、ドラッグアンドドロップ操作を使用してデータをコピーし、アプリケーション (EC2 AMI) を起動し、デバイスメトリックを監視し、日常的な操作を自動化できる。これらの操作の詳細は、ドキュメントページにある。

 
出典: https://aws.amazon.com/blogs/aws/aws-snowball-edge-update/

GUIによって提供される管理機能の改善に加えて、パブリッククラウドプロバイダ (AWS) は、処理能力を2倍にし、データ転送速度を25%向上させることにより、デバイスハードウェアを最適化した。最新のいわゆるSnowball Edge Optimizedデバイスは40のvCPUと80GBのメモリを備えており、プロセッサは3.2 GHzで実行できるため、このデバイスはより強力なEC2インスタンスを実行できる。また、AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏は、Snowball Edgeのアップデートに関するブログ投稿に次のように書いている:

データ処理とデータ転送のワークロード用の80TBのストレージに加えて、デバイスで起動するEC2インスタンスにアクセスできる1TBのSATA SSDストレージがあります。

ユーザは、AWS Snowball Consoleから最大12台のクラスタのOptimized Storageデバイスをまとめて注文できることに注意してください。このクラスタを使用すると、AWS Lambda関数の実行に加えて、ほぼ1ペタバイトのデータを格納できる単一のS3互換バケットを作成できる。

さらに、Snowball Edgeデバイスのセキュリティを強化するために、AmazonはローカルIAMのサポートを提供する。ユーザは、ユーザベースのIAMポリシーを活用して、Snowball Edgeデバイスで実行されているサービスやリソースへのきめ細かいアクセス制御を提供できるようになった。

Snowball Edgeのアップデートの締めくくりは、AWS Systems Managerのサポートである。これは、ユーザが頻繁なメンテナンスとデプロイのタスクを自動化できるようにするサービスである。PythonまたはPowerShellでスクリプトを記述し、AWS OpsHubで実行できるようになった。さらに、これらのスクリプトは、デバイスでサポートされている任意の操作を行うことができる。

パブリッククラウドプロバイダ (AWS) は、Snowball Edgeデバイスを備えたエッジコンピューティング分野の唯一の組織ではない。たとえば、Microsoftは、企業がオンプレミスでデプロイできるAzure Stackアプライアンスを提供している。さらに、GoogleにはGlobal Mobile Edge Cloudがあり、電話会社がメインのクラウドデータセンタと100以上のエッジロケーションでアプリケーションを実行できるようにしている。

Constellation Research IncのアナリストHolger Mueller氏はInfoQに次のように語っている:

エッジコンピューティングは、企業の次世代アプリケーション戦略とインフラストラクチャにとって重要です。クラウドインフラストラクチャとエッジで同じソフトウェア資産を使用できることは、アプリケーションをより迅速に構築するための重要な要素であり、企業の加速につながります。すべてのハードウェアプラットフォームと同様に、エッジプラットフォームではハードウェアの更新が必要であり、それがAWSが現在提供しているものです。

AWS Snowballは、ほとんどすべてのリージョンで利用できる。さらに、AWS Snowballの価格の詳細は、価格ページで入手できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。