BT

InfoQ ホームページ ニュース UdacityとMicrosoftがML Engineer on Azureコースを発表

UdacityとMicrosoftがML Engineer on Azureコースを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2020/10/17)へのリンク

MicrosoftとUdacityは協力して、Azure Suiteを使用したモデルのトレーニング、検証、デプロイに焦点を当てた機械学習(ML)エンジニアトレーニングプログラムを立ち上げた。このプログラムは、コーディングの経験が非常に少ない学生を対象としており、Azure自動MLの使用に重点を置いている。

この新しいナノディグリーは、学生にMLの技術スキルを向上させる機会を提供する。学生は、モデルを構築し、MLパイプラインを管理し、モデルを微調整してパフォーマンスを向上させ、MLOpsのベストプラクティスを使用してモデルを運用する。この概念は、Azure Machine Learningサービスに適用されている。このコースは、Udacityの教室環境内で実行され、そこには、完全に統合されたAzure Labsの体験も含まれる。

ナノディグリーの最初の2か月間、学生はローコードを経験しつつ、AzureでのMLの基本に焦点を合わせる。完了後、アンサンブル学習やディープラーニングなどのより高度な手法の適用に移る。

このコースは、Udacityのほとんどのコースと同様に、100%リモートで実行される。障害をクリアできるようにテクニカルメンターが学生をサポートし、キャリアコーチが1対1の電話を容易にし、学生が履歴書、LinkedInプロファイル、GitHubリポジトリを改善できるように支援する。キャップストーンプロジェクトでは、学生がAzure Automated MLHyperDriveを使用して、稼働中のテスト済みのWebエンドポイントにデプロイされたモデルに関する興味深い問題を解決する必要がある。学生は、このナノディグリーの知識を使用して、MicrosoftでExam DP-100: Designing and Implementing a Data Science Solution on Azureという認定資格を取得できる。

UdacityのCEOであるGabriel Dalporto氏は、発表イベントで語った。

AIやMLなどの新時代のテクノロジーがビジネスの未来を支配することは間違いありません。組織はこれに注目している。彼らは、市場で競争力をもたらすことができる最高の人材を採用するためのステップを高速に実行しています。このプログラムはMicrosoftと共同で開発し、学習者はMLの世界を深く掘り下げることができます。継続的なメンターシップと業界関連のコースワークに裏打ちされた体験学習アプローチにより、学生はAzureテクノロジーで長く成功するキャリアを積むことができると信じています。

基礎コースは、6月10日から6月30日まで申し込みを受け付ける。その後、コースは7月8日に始まり、9月10日まで続く。
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。